水の都 しゃんどらんど

水の都での日常を記していきます。

北海道に行った【後編】

この記事は

  

syarlathotep.hatenablog.com

 

の続きで、後編になります。まだ読んでいない方がいたらぜひ。

 

 

北海道旅行 三日目

朝起きて、とりあえず朝食を食べた。

f:id:Syarlathotep:20180924213757j:plain

これが偏食オタクの朝食である。食べられそうなものが全然無くて、2周くらいした挙げ句にこれを持って帰ってきた。足りませんでした。(完)

2日目と同様、荷造りと身支度をして宿を後にした。

f:id:Syarlathotep:20180924214237j:plain

部屋の窓から見た洞爺湖です。日頃の行いが悪いので天気も悪い。洞爺湖だということを忘れると普通に海に見えてしまう。天気が良くてもボートには乗らなかっただろうなあ、なんて考えてた。料金が高かったので。

 

チェックアウトの時間に合わせて送りの車を出してもらえることになっていたので、フロントでぼんやりと待って車に乗り込んだ。運転手さんが3カ国語くらいで「さようなら」みたいなことを言っていてグローバルな空気に包まれた。(適当)

電車まで少し時間があったので、駅前にあった商店に入ってお土産を漁った。ピンとくるものがなかったので特に何も買わなかった。

 

 

三日目は、初日に会った知り合いに教えてもらった「登別マリンパークニクス」なるところを目指して出発した。登別、温泉以外にも見て回れるところあったんやな~とか失礼なことを思う。帰りの飛行機の時間が遅かったので新千歳空港周辺で適当にふらふらしようと思っていたけれど、あまり観光できるところが無いということだったので、行ってみるか登別~という感じである。水族館、テンアゲですね。旅行先で水族館に行くのが恒例になりそう。

 

これまたスーパー北斗でびゅんびゅかぶーん。やっぱりやることはないので、ここでもTwitterとかソシャゲとかをした。旅先での移動時間の暇つぶしって何が良いんだろう。引きこもりなのでわからない。そんなこんなで登別駅に着いた。

f:id:Syarlathotep:20180926000324j:plain

到着したらいきなりクマさんに襲われた。結構でかくて怖い。本当に歓迎してるのかよ感がすごくてちょっとおもしろい。

 

f:id:Syarlathotep:20180926000559j:plain

駅の外見はこんな感じ。古めかしい。駅の外観から想像がつくかもしれないが、道中も田舎道という感じがした。

f:id:Syarlathotep:20180926003353j:plain

一面のクソ緑~ってほどではないが、自転車では走りたくない気持ちが生まれる。と、奥の方に何か見える。

f:id:Syarlathotep:20180926003520j:plain

お城だ~!観覧車だ~~~!!!やばいくらい浮いててめちゃくちゃ面白い。隠居してる資産家が娯楽の一環として建てたとか言われても信じるレベル。何だこの適当なたとえ。

ちなみに、登別マリンパークニクスの中の話は、長くなりそうなのでまた別エントリで水族館カテゴリとして書きます。ボリューム満点だったので、短く書くにはもったいない。

 

ところで、この動画を撮る前くらいで事件は起きた。なんと、夜に乗る予定だった飛行機が台風の影響で欠航になるとのこと。強い台風でしたので、大事を取ってのことだと思う。良い判断だと思います。私は帰れなくなりましたけども。

台風はきていたものの、まあ北海道だし大丈夫だろうという見積もりだったのと、2ヶ月くらい前から予定を押さえていたというのもあって今回の旅行を決行したわけだけれど、どうにもこうにも運が悪いようで。とりあえず飛行機を取らないとマズイと電話をかけるが、かけどもかけども繋がらない。数便欠航していたので、みんな我先にと振替連絡をしているのだろう。仕方がないので先にホテルだけ抑えた。……が、ホテルも出遅れてしまったので、札幌までとんぼ返りすることになった。さよなら飛行機またきて札幌。

 

 

ホテルは取れたし、登別マリンパークニクスも堪能出来たので、とりあえず空港に向かうことにした。電話が駄目なら、カウンターで直接振替をしてもらうしかない。というわけで、新千歳空港に。電話の混雑具合からは想像できないくらいカウンターは空いていて、振替の手続き自体はスムーズに出来た。しかし、午前の便は埋まってしまっているということで、午後の便に振り替えてもらった。次の日を空けておいて本当に良かった、と思う。まあこれは仙台旅行での学びです。旅行をした次の日は普通にしんどいので寝るに限る。

 

で、無事に振替手続きが終わったので、札幌のホテルに向かう。このあたりで帰れなくなった~;;;;;;とSNSで喚いていたら、初日に会った友人から帰れない&札幌来るならご飯行こうぜと声がかかり、行くことになった。初日のしんみり感や「次このメンツで遊ぶのはいつになるだろう」みたいな会話がまさかフラグだったとは……。

ホテルにチェックインして、荷物を放り出してスープカレーを食べに行った。「どうせ北海道来たのにスープカレー食べてないんでしょ?」と図星を突かれ、はひぃと言いながら列に並ぶ。ちなみに私は辛いものと苦いものと渋いものと酸っぱいものが嫌いなので、カレーは甘口しか食べません。そしてスープカレーなるものを食べたことがなかったので、色々選べることに驚いた。スタバかよ。

f:id:Syarlathotep:20180926212828j:plain

で、出てきたものを見てびっくり。具、でけえ~~~~~。スープを一口。めちゃくちゃうめえ~~~~~~~~~~~~~。二度びっくり。もう本当にびっくりするくらい美味しかった、美味しすぎてそれまで食べたものの味全部忘れそうになったくらい。ボリューム満点過ぎて完食するのに時間がかかってしまった。でも本当に本当に本当に本当に美味しかった。これ食べずに帰ろうとしていた私に神がこれこれちょっと待ちなさいと飛行機を欠航にしたんじゃないかと思うくらいに。友人氏に圧倒的感謝……。

スープカレーを食べて、おしゃべりして、今度こそお別れした。楽しかった。また会いたいなあ。

 

 

その後はセイコーマートに行って、まあ帰れんくなったんだし北海道を最後まで楽しもうやという気持ちで豪遊した。

f:id:Syarlathotep:20180926213505j:plain

今見ても買いすぎだと思う。いやご飯食べたばっかりでこれだけ買うのはデブ極まりすぎてるだろ。結局ほぼおつまみは食べられず、お酒を飲むに留まった。ほろりと酔って、明日は本当に帰れるだろうかという不安を曇らせながら眠りについた。

 

 

北海道旅行 四日目(幻)

そして幻の北海道旅行四日目になった。天気はまずまず。お昼すぎの便なのでのんびりはしていられない。というわけで、身支度のちにまずは朝食。朝食の写真はめんどくさくて取らなかった。小さなビュッフェスタイルであった。

さて、準備も出来たし、空港向かうぞー、と思っていたら、友人から「電車が止まってるから、早めにバスで動いたほうがいいかも」との連絡が入っていた。ここまでくるとマジかYOみたいな気持ちになる。さすが試される大地だぜ……。わざわざ連絡をくれた友人に圧倒的感謝。

結局、地下鉄でちょっと遠目の駅まで動いて、そこからバスに乗ることにした。少しでも遠くに行ったら空いているんじゃないかというせめてもの希望を持ってのことだったが、まあ、混雑は避けられなかった。致し方ない。1時間以上並んでバスに乗り、無事空港に到着した。振り替えた便にも間に合いませんでしたーとならずに済んだだけ良かったのだと思う。

 

空港に到着した頃にはお腹が空いていたので、お昼にすることに。空港内でも友人がおすすめしてくれたラーメン屋があったけれど、あまりにも並んでいたため断念した。いつか再チャレンジしたい。

f:id:Syarlathotep:20180926215012j:plain

札幌ラーメン食べてないなあなんて思って、ラーメンを食べることに。ラーメン屋がたくさんあったが、どこも行列。お昼時なので仕方ない。で、店に入ってメニューを見たら、ラーメンが死ぬほど高くて鼻血出るかと思った。札幌ラーメンを食べたかったのだけれども、ラーメンに1,000円以上出すのは悔しい。めちゃくちゃ悔しい。ということで、味噌ラーメンにした。

f:id:Syarlathotep:20180926215345j:plain

 美味しかった。コーンがたっぷりで掬いきれない。あと、スープカレーのお店でも思ったけど、きくらげに切り方が大きくてびっくりする。地元で食べるラーメンのきくらげは細切なので。でもこれもコリコリで美味しい。

すこぶるどうでも良いけど、私の目の前に座っていたおじさんが、私がラーメンを注文して食べきるまでにiPhoneで電話をしてAndroid端末をいじりながらiPadでラーメンの写真を撮るという芸当を見せてくれた(勝手に見ただけです)。たくさんガジェットを持っていてすごい!となった。

 

 

ラーメンを食べ終わったら、飛行機までもう少し時間があるということで、空港内を見て回ることにした。新千歳空港限定のボーカロイドのフィギュアも置いているらしかったので見るぞ見るぞ~~~~と思っていたら、どうやらドラえもんの展示もあるらしくて、気になったので行ってみた。

f:id:Syarlathotep:20180926220528j:plain

かわいいドラちゃんが迎えてくれた。ショップだけでなく、カフェも併設されていて、とても広い。しばらく歩くと、ドラえもんわくわくスカイパークなるものが現れた。

f:id:Syarlathotep:20180926220640j:plain

うーん、わくわくしますね。ここからは有料の施設で、大人は800円とのこと。入るかちょっと悩んで、人も少なそうだし大きなお友達でも許容してもらえるかなと思い入ってみた。

f:id:Syarlathotep:20180926220842j:plain

かわいい~~~~!!!!のび太の部屋ですね。ドラちゃんがおしゃべりしていて可愛かった。

f:id:Syarlathotep:20180926221030j:plain

f:id:Syarlathotep:20180926221037j:plain

f:id:Syarlathotep:20180926221043j:plain

思った以上に凝っていてほうほうと感心した。お子様向けの展示とかちょっとしたゲームが出来るだけだろうと思っていたけれど、きちんとお写真スポットもあったり大人でも楽しめるゲームがあったり色々。あと、時間がちょうどよかったおかげで、ドラちゃんとの写真撮影もできた。ぴょんこぴょんこ跳ね回りながら秘密道具を紹介してくれたり、実際に使って見せてくれたりするドラちゃんはそれはそれは愛くるしくて、こんなに可愛いネコ型ロボット他にいないデショ……とメロメロになった。

お値段以上の満足感を得て、フライトの時間がじんわりと近づいてきていたので、ショップでお土産を買ってスカイパークを後にした。お土産は自分用です。思った以上に居座ってしまったので、ボーカロイドのフィギュアの方は拝めず……。また次回来たときにでも見たいというか、それを口実にまた来ようと思う。

 

 

 

 

 

そんな感じで飛行機に乗って、羽田空港に戻ってきた。現実に戻ってきた感がすごくてとてもおつらい気持ちになった。美味しいごはんに思いを馳せつつ、帰ってからはゆっくり休んだ。そして次の日、北海道で地震が起きた。朝起きて、本当にびっくりした。あと1日帰るのが遅れていたらと考えるだけでゾッとしたし、何よりも、前日、というか自分が滞在してから24時間も経過していない場所が地震でボロボロになってしまった光景を目の当たりにして、SAN値がゴリゴリと削れてしまった。あまりにも悲しいし、ショックが大きい。幸い、友人氏はふたりとも無事が確認できたので、本当によかった……。

北海道、まだ物流が安定していない部分もあるようだし、復興支援で旅費も安くなっているようなので、なんとかして近いうちにまた行けないかなあなんて思う。まだまだ行けていないところあるし、お金を落として少しでも役に立ちたいなあ。まあ、それはそれとしても、めちゃくちゃ楽しかったのでまた札幌行きたい。次は値段にひるまずに札幌ラーメン食べるぞ!