水の都 しゃんどらんど

水の都での日常を記していきます。

北海道に行った【前編】

9/2~5の間で北海道に行った。

出発の2日前にやっと帰省を終えて、くたばっている間もなくドタバタと準備をして飛んだ。正直、何の準備も出来ないままに行ったので、持っていこうと思った羽織ものすら忘れて、現地のGUで買ったりもした。何してるんだ……。

ほぼ片付けが終わらないまま、キャリーケースから着替えを引っ張り出してリュックに詰めた。毎度毎度、旅行前日に「旅行って何持っていけば良いんだっけ!?」と半泣きで自分のブログを読み返すのをやめたい。こいついつも着替えと財布とスマホとモバイルバッテリーだけで何とかしようとしてんな。

今回は色々トラブルもあったので、ぼちぼちと振り返っていこうと思う。

 

北海道旅行 初日

羽田空港スカイマークに乗って1時間半くらい。(確か)

新千歳空港に到着した。スカイマークの搭乗はこれで2回目。時間的には羽田空港北九州空港間と変わらないくらいだったけれど、普段乗っているスターフライヤーと違って各席のモニターが無いため、Kindleで本を読んだり飲酒したり景色をぼんやりと眺めたりして時間を潰した。新卒退職本、面白いのでおすすめです。

f:id:Syarlathotep:20180910233246j:plain

ウキウキ飲酒セット。ビールを注ぐのが下手なので泡を吹きこぼしそうになってアワアワとスゾゾゾゾした。泡だけに。

f:id:Syarlathotep:20180910233409j:plain

これは飛行機の上からの景色。おそらくは北海道に入ってからの光景だけれど、正確な現在位置がわからなかったのでイマイチ自信はない。う~ん、一面のクソ緑。良いですね。

 

新千歳空港に到着したら、快速エアポートに乗って札幌に向かった。とりあえずホテルにチェックインして荷物を置く。まずまずな部屋ですねえと見渡すと、無料スマホなるものが置いてあった。

f:id:Syarlathotep:20180910233910j:plain

へぇ……。無料スマホなるものを初めて見たので、物は試しと思い使ってみようとしたが、最初の言語などの設定画面のロードすら果てしなく重くて断念した。ロードが終わったと思っても設定した日本語ではなく何故か英語に設定されたりしていて、これは一体どれだけ気の長い人間に需要があるのだろうかと気になった。速度制限によくかかる人とかは耐えられるのかもしれない。

 

ともあれ、荷物を置いて観光に。地下鉄に乗って南平岸にあるHTBに向かった。

f:id:Syarlathotep:20180910234350j:plain

HTBは近い内に移転するらしいが私はよく知らない。onちゃんさん先輩が高みからこちらを見下ろしているなぁと眺めていた。なかなか可愛い。

f:id:Syarlathotep:20180910234733j:plain

うんうん。可愛い。やはり丸っこいフォルムというのは可愛らしいものですね。"Welcome"の文字の上にいる、目が点の子も可愛い。

f:id:Syarlathotep:20180910234831j:plain

うんうん、かわ……可愛くない……。何だこれ脚長い……可愛くねえ……何自分はウェルカムボードで~すみたいな顔してんだお前……。話を聞くに、このきぐるみのonちゃんは、「水曜どうでしょう」で飛び蹴りされたり何たりと雑に扱われているらしい。まあ、このフォルムなら仕方ないねみたいな気持ちになった。

 

美脚onちゃんに負けずに中に入ると、onちゃんのグッズが飾ってあったり、グッズが売っていたりした。カフェがあったので、小腹が空いていたこともあって入ってみた。が、フードは平日のみだったので、ドリンクで一服することに。

f:id:Syarlathotep:20180910235131j:plain

可愛らしいプレートのセットですね。アイスティー美味しかったです。後ろのonちゃんカップは非売品なのか、グッズの展示に入っていなかった。

 

休憩が終わったので、外に出て水曜どうでしょうの丘を見た。

f:id:Syarlathotep:20180910235455j:plain

丘を下っているときにちょっと躓いて転けかけたのはナイショだ。正直、水曜どうでしょうをほぼ見たことがないので特に感動は無かったけれど、日曜日ののどかな公園としては良かったと思う。

f:id:Syarlathotep:20180910235628j:plain

こんな感じ。せっかくなので、シーソーやすべり台でちょっと遊んだ。ブランコも乗りたかったが、小さい子が占領していたので断念。酔っていないときに公園で遊んだのはめちゃくちゃ久しぶりだったけれど、楽しかった。すべり台が思ったよりもグネグネしていてゲラゲラ笑ってしまった。たまには童心に帰るのも良いかもしれない。旅行の度に童心に帰っている気がしなくもないけれど。(仙台旅行を思い出しながら)

 

他には特にやることが無かったので、札幌に戻ってセイコーマートに行った。

f:id:Syarlathotep:20180910235924j:plain

ももの焼き鳥。お肉も味付けも結構しっかりしていて、食べごたえがあってよかった。セイコーマートに住みたくなった瞬間だった。他にも、100円ちょっとでそこそこ具の入っている&味濃い目のパスタがあったり、セイコーマートオリジナルのアイスが売っていたりもした。お惣菜も種類が多いので目移りしてしまう。北海道のお土産にセイコーマートを持って帰りたかった……。

 

セイコーマートでお腹を満たしたので、札幌の観光スポットのひとつである時計台に行った。

f:id:Syarlathotep:20180917172253j:plain

うん? なんか薄っぺらいぞこの時計台。確かに時計台はがっかりスポットとして有名だけれど、こんなハリボテだったか?

f:id:Syarlathotep:20180917172442j:plain

まあそんなわけもなく、単純に工事中でシートが張られているだけだった。それにしても、そのちゃっちい印刷要りますかね……という気持ちになった。ひとしきり笑って、時計台の歴史についての展示だけはあったのでそれを読んで、写真スポットになっていたところで写真を撮ったりした。ハリボテと写真を撮るのは意味不明だけれど、ネタとしては及第点な気がする。いや、どこに上げるわけでもないので、人には披露されないネタなんだけども。

 

そんな感じでうだうだして、大通公園に移動した。

f:id:Syarlathotep:20180917172922j:plain

それっぽい写真です。とてもそれっぽいですね。

そこそこ広い公園なだけあってか、人もたくさんいた。親子連れだけではなく、ソフトボールサイズのボールで蹴鞠のようなことをしている外国人や、レジャーシートを敷いてカードゲームをしている人もいた。写真にも写り込んでいるけれど、犬の散歩をしている人も。自分が住んだことのある地域でこんなに雑多に人がいる公園って無かったよなあとちょっとびっくりした。

f:id:Syarlathotep:20180917173701j:plain

それはそれとして、お腹が空いて夜までもちそうになかったので出店でいももちとザンギを購入し、それらを貪りながら超高級(600円)サッポロクラシックビールを流し込む。これがもう最高で、いももちの甘さを感じながら、サッポロクラシックの香りを楽しみながら、目の前の芝生でペットボトルのお茶を投げ捨てる子供を眺めながらひたすらぼけーっとした。風は冷たいものの、背中にあたる陽の光が暖かくて心地よい。なんて過ごしやすいんだろうと心が満たされていった。札幌、住みてえ~。

しかし、いももちくんは見ての通り結構ボリュームがあるため、夜からジンギスカン食べ放題する予定だったのにお腹が膨れてしまった。まあデブなので問題ないんですけど。

 

いい感じの時間になったので、仕事終わりの友人と合流し、晩ごはんにありついた。

f:id:Syarlathotep:20180917174342j:plain

ということで、食べてきましたジンギスカン。私はジンギスカンを食べたことがなかったのでよくわからないけれど、友人曰く、このジンギスカンはクセが少ないとのことだった。普通のお肉だな~って感じで美味い美味いとモリモリ食べた。お酒を飲みつつケラケラと笑いながら肉を焼く。楽しいですね。やはり肉は人と人とを繋ぐ最高の食べ物なわけです。

f:id:Syarlathotep:20180917174720j:plain

飲み放題メニューに日本酒があって、友人に飲まないのかと言われたので注文してみたら、かなり頭の悪い感じで出された。何合かとか聞かれなかったので、徳利で出てくるわけではないとは思っていたし、ビアガーデン的にはこの出し方で正しいのだろうけれど、これはね、頭が悪いです。飲み干しました。味は普通、安い居酒屋でよくあるような消毒液の味はしなかったのでよかったです。

 

食べ放題が終わったところで、友人②と合流できるとのことで、ゲームセンターに向かった。弐寺を1クレしばいたものの、酔っているのでノーツが全く見えなかった。友人氏は弐寺が上手ですごかった。

 

合流してからはちょっと迷いつつバーに移動してお喋りした。

f:id:Syarlathotep:20180917175346j:plain

奥まったところにある店で、こういうのを隠れ家って言うのかな~とか考えていた。テキーラサンライズを2杯くらいともう少し飲んだけど、何を飲んだかもう忘れてしまった。友人氏たちに煽られてタバコを買いに行ったものの、一回目は1,000円札を持っていなくて戻ってきて、二回目はtaspoが無かったため買えずに戻ってくるなどという間抜けなこともした。taspを作ろうと決意した瞬間だった。

楽しい時間が過ぎるのはあっという間で、程々にお喋りをして解散した。「また遊びたいですね」なんて言っても、ふたりとも忙しいし、北海道に行くこともなかなか無いだろうから、次に会えるのがいつになるかわからない。ホテルまでの帰り道では、とてもしんみりとした気持ちになった。

 

その後はホテルに戻って、チェックイン時にもらったウェルカムドリンクとして1階にあるバーでお酒が1杯飲めるチケットを使ってウイスキーを飲んだ。確かマッカランをロックで飲んだと思う。夜も遅かったので人はほぼおらず、しっとりとした音楽を聞きながら静かに飲んだ。そんな感じで、一日目終了。

 

 

北海道旅行 二日目

 朝ぼんやりと起きた。前日にそこそこ飲んでいたため睡眠は深かったようで、しかし二日酔いは無く済んだ。と、思う。朝食はルームサービスにしてもらっていたので、届いたものをパジャマ姿のまま食べた。ホテルのビュッフェスタイルの朝食も楽しいけれど、偏食なのでそこまで種類は食べられないのと、それなりに人間の格好にならないといけないのが面倒くさいというのがある。周りの目が、とかではなく自分が気になるという話である。

f:id:Syarlathotep:20180922225438j:plain

f:id:Syarlathotep:20180922225552j:plain

豪華。スクランブルエッグがしっかりと、しかししつこくない程度に味がついていてとても美味しかった。パンはサクサクもちもち。毎度のことだけども、量が多くて食べ終わるのに苦労した。前日夜にしっかりと食べながら飲んでいたのもあったため、寝起きではさほどお腹が空いていなくて感触するのに時間がかかった。食べきったけども。

 

 

朝食を食べてからぼそぼそとチェックアウトの準備をしていたところで忘れ物に気がつく。どうやら、化粧下地とファンデーション類をごっそり家に忘れてきていたらしく、とてもじゃないが化粧が出来る状態ではない。旅行先で知り合いがいないとはいえ、すっぴんは控えたかったので近くのコンビニで調達するかいやでも時間が……なんて考えていたら、かろうじて化粧直し用に持っていたフェイスパウダーだけはあったので、日焼け止めを下地代わりにパウダーを振ることでお茶を濁した。何も隠れていないので、気持ちチークやリップを強めに塗る。自業自得ではあるけれど、買ったばかりのイヤリングを前日に無くしていたこともあって、朝から萎えまくりである。とりあえず準備を終えて、ホテルを後にした。

 

2日目は洞爺湖に向かう予定で、多少時間に余裕があったので、友人から「新しい方のHTBを見ていないのか」と言われたのもあり、移転先のHTBを眺めに行くことにした。

f:id:Syarlathotep:20180922231520j:plain

f:id:Syarlathotep:20180922231536j:plain

ズイッとズーム。onちゃんさん先輩が挟まっている。移転前は屋上から優雅に人間を見下ろしていた彼(彼?)も、移転先ではこんな扱いらしい。なかなか厳しい世界なのだろうなと適当なことを思った。気が済んだので写真を撮ったら退場した。

 

駅に向かって、スーパー北斗に乗る。

f:id:Syarlathotep:20180922231839j:plain

エヴァンゲリオンを彷彿とさせるカラーリングだなあと思って写真を撮ってみた。見事なまでにぶれている。ちなみにエヴァ未視聴です。

そこそこ快適な乗り心地ではあったけれど、移動時間が2時間以上あったため、さすがに暇つぶしにも限界があった。Twitterもソシャゲもやり尽くしてしまったので、文庫本の一冊でも持ってくればよかったなあと後悔。いや、飛行機の中の暇つぶしにするつもりで準備していたのを、羽織ものやファンデーションと一緒に忘れてきただけなんですけどね……。

f:id:Syarlathotep:20180922232341j:plain

スーパー北斗に揺られてたどり着いたのが洞爺駅。なかなか綺麗だ。

お迎えの車に乗って、宿まで向かう。どうやらこの時間帯の迎えの客は他にいなかったらしく、普段とは別ルートを通って少し観光をさせてくれた。普段のルートと時間はさほど変わらないが、普段のルートは道程のほぼ半分がトンネルらしく、景色が楽しめないので山道の方を通ってくれるとのことだった。ありがたい。三半規管の強いオタクなので、山道でも特に乗り物酔いはしません。

f:id:Syarlathotep:20180922233554j:plain

f:id:Syarlathotep:20180922233610j:plain

案内してもらった山。名前は忘れたけど、確かこれは活火山で、ところどころから水蒸気がモクモクしている。ずっとモクモクしているわけではないらしいので、見れたのはラッキーらしい。日頃の行いが良いおかげだろうな。他にもぽちぽちと案内をしてもらいながら、宿に到着してチェックイン。

 

チェックインが済んだら洞爺湖を見に行った。移動で疲れていて面倒になったため、写真は撮らなかった。天体のメソッド聖地巡礼も兼ねていたので、のそのそと移動しつつ施設を見て回った。

はじめに洞爺湖ビジターセンターに行った。

f:id:Syarlathotep:20180922234445j:plain

ここは洞爺湖とその周辺……というか、主に火山や動植物についての展示がされていた。フィールドワークの方法とかも書いてあって興味深い。動物の剥製もあって、可愛い(若干こわい)ともなった。途中から社会科見学か何かの小学生らしき集団が入ってきて、わいわいと賑やかになった。適当に一周して見て回って、また移動。

f:id:Syarlathotep:20180922234753j:plain

次は洞爺湖サミット記念館に来た。名前の通り、洞爺湖サミットについての展示がしてある。それと、天体のメソッドの展示も。どうやら下にあるバスターミナルも天体のメソッドに出てきていたらしい。流し見していたのであんまり覚えていない。

f:id:Syarlathotep:20180922235210j:plain

f:id:Syarlathotep:20180922235216j:plain

こんな感じ。聖地巡礼したことないけどそれっぽいですね。(適当)

天体のメソッドはノエルちゃんのビジュアルがすかすかのクトリを彷彿とさせるのと、端々につらい結末の見えるセリフが散りばめられていたためあまり直視出来なかった。

他にも洞爺湖サミットが行われた当時の写真を大きく引き伸ばして顔をはめるパネルにしてあるやつとかもあった。くだらなさ過ぎてクソ笑いながら写真撮った。

施設内には人が全然いなくて、観光課みたいな部屋もあったけれど、けだるげに電話をしている人と暇そうにしている人が座っているだけで、仕事をしている感じは薄かった。良さそう。

そうこう見て回って疲れたのでホテルに帰った。ホテル前のセイコーマートで買い物をして間食をした後、晩ごはん前にお風呂入る。お風呂自体は普通だったものの、シャンプーや洗顔などの備え付けが豊富で、化粧水類も数種類あるのがポイント高かった。塗って寝ても大丈夫なタイプのBBクリームがあったため、ありがたく使わせていただいた。オールインワン美容液も2種類あって、片方が異常に肌にあっていたようで、塗ったらお肌つるつるもちもちオタクになった。興奮して「売店にて販売中!」の文字を真に受けて売店に走ったのに売って無くて泣いたりもした。

そういえば、宿のエレベーターの中にカフェのメニューが貼ってあったのだけれど、そこに載っているケーキがバイト先で扱っているのと同じやつで笑った。値段はバイト先の1.5倍くらいだった。ウケる。

 

f:id:Syarlathotep:20180923001234j:plain

晩ごはん。豪華ですねえ。ここで反省を述べたいのですが、蟹が出てきたので特に悪気もなく以下のツイートをしたところ、

フォロワーから「カニが楽しそうにしている診断メーカーの後にカニの無残な姿が貼られている」という旨のご指摘があった。言われてみれば残酷なツイートをしてしまったな……と反省。尚、カニの方はおいしくいただきました。

f:id:Syarlathotep:20180923001952j:plain

f:id:Syarlathotep:20180923002008j:plain

そして地酒を堪能しながらロングラン花火大会を見届けた。洞爺湖では長期間に渡って毎日花火大会をやっているらしい。すごいな。部屋からは最後まで見れなかったけれど、こういうのも乙なものだと思った。窓際に腰掛けて、地酒を煽りながら打上花火を眺める。美男美女であれば絵になりそうな感じ。

花火を見て、酔いもほどほどに就寝。これにて2日目終了。

 

後編に続く!(投稿予定未定)