水の都 しゃんどらんど

水の都での日常を記していきます。

ゆるキャン△見てないけどゆるキャンした

先週の土日、誘われてキャンプに行った。社会人5人に学生がひとりだけ混ざるの、とても緊張した。

レンタカーで行って(免許持ってないので完全にお任せしてた)、途中でスーパーなどに寄って材料を買う。バーベキュー久しぶりだから何が必要とかわからなくて、カゴを持って食材を選ぶみなさんの後ろをぼーっと歩いていた。役立たずで申し訳なかった。

初対面の人ばかりな上にみなさん年上だったので、完全にコミュ障を発動していて、気の利いた話題も提供できなかった感じ。道中も完全に沈黙しきっていたところを、運転していただいた方の「会話に混ぜてあげてよ~」というありがたい一言から、やっと会話に入り込めた。情けねえ……。

 

そんな感じで、キャンプ場に。

場所はここ↓

http://www.kazusa-autocamp.com/

事務的な手続きをして、借りた場所に移動したのちにテントの組み立てを始める。ここでも完全に役立たずをキメていて、上記のドライバー担当の方がまたも気を遣ってくださって、仕事を与えてもらったりした。情けないオブ・ザ・イヤー2018ですよこれは。

f:id:Syarlathotep:20180612215501j:plain

完成したテントの正面からの写真が無いのでイマイチ伝わらないかもしれないが、このテントめちゃくちゃ大きい。8人用らしい。(確か)

例のドライバーの方の奥さんがプロらしく、テント張りの指導をしていただいた。しかも、このテントの張り方をYouTubeで予習までしてきてくださっていたらしく、完全に頭が上がらない。ありがとうございました……。

こんな大きなテントは初めてで、組み立てながらうきうきしてた。

テントが完成したら、お次はバーベキュー。

f:id:Syarlathotep:20180612222510j:plain

f:id:Syarlathotep:20180614233002j:plain

お肉、おいしい。お酒もガバガバ飲んだ。

暑かったし、朝ごはんも食べていなかったので、なおのこと食が進む。喉も乾いていたのでビールが美味い。

借りていたスペースが適度に日陰もあるところだったので、直射日光に悩まされることもなくのんびりした。美味しい日本酒もいただいたりした。このあたりでもうすっかり打ち解けることができていたため、酔い過ぎたフシもある。何から何まですみませんといった感じ。

 

 

バーベキューが一旦落ち着いてから、駅まで行ってみるかということでキャンプ場の外に出た。途中でかき氷を食べたりもした。

f:id:Syarlathotep:20180614232937j:plain

酔い覚ましにはならなかったけど、量が結構多かったため嫌に頭は冷えた。お腹壊したらどうしよとか考えながら、練乳うめぇ~と貪る。かき氷まで食べてしまうと、もう気分は完全に夏だ。

食べ終わってからは駅に行ったり、途中で見つけた酒屋でお酒を買い足したりした。酔いが回りきっていたので、歩きまわって胃が若干やばかった。耐えたけど。

 

 

そんなことをしているとかなり日も暮れてきたので、お鍋をやりつつ、花火もした。手持ち花火だいすき。200本入りを買っていっていたので、心ゆくまで燃やし尽くした。少し外れた季節にやる花火、趣深い。

お鍋も食べつつ、なんだかんだでお酒もずっと飲んでいたと思う。日本酒を結構あけてしまった……。夜は22時消灯だったため、それくらいに寝た。さすがにそこまでお酒入っていると爆睡だった。

 

 

次の日は生憎な天気だったため、朝は早めに起床した。嘘。起きてしばらくしたら二日酔いが多少あって、車だからやばいかもと思ってお茶をたくさん飲んで二度寝した。二度寝したら二日酔いがすっかりよくなったので、肝臓くんありがとうと思った。若さに感謝。

テントをたたみ、惜しい気持ちながら撤収してからは、ご飯を食べる場所を探していた。しばらく山道を走って(二日酔いの人たちがつらそうだった)、ドリプレ・ローズガーデンというところに来た。

房総半島の森の中。手作りのドリプレ・ローズガーデン。 - 房総半島の森の中。手作りのドリプレ・ローズガーデン

看板だけだと英国風の豪華なカフェっぽくて、ドレスコードあったらどうしよ~とか思ってた。Tシャツジーンズで行くのが躊躇われるような雰囲気を醸し出していた。

中に入っていくとやっぱり英国風の豪華なお庭という感じがして、お高そう……と思っていたら、こんな看板が出現する。

f:id:Syarlathotep:20180614234203j:plain

ネコがいます‼

ネコがいます!?ネコおるんか!??!!?!

ネコが好きなのでウオーと思いながら入ったら、ネコの天国が広がっていた。

お出迎えしてくれた猫ちゃんは2匹いて、まだ小さい子と大きめの猫ちゃん。なぜか2匹とも私の左足の靴を匂いかいだりかじりまくったりしていて、ちょっと痛かったけど幸せだった。猫、かわいい。最高~!

f:id:Syarlathotep:20180614234537j:plain

お店の中はこんな感じでアンティーク調に仕上がっていた。よく見ると売っているものもあって、ちょっと心揺らいだりもしたが、我が家にはそぐわないものしかなかったのでぐっとこらえた。一度でいいからこんな家に住んでみたいなぁと思う。

f:id:Syarlathotep:20180615000259j:plain

f:id:Syarlathotep:20180615181300j:plain

ガーデンに出るには別料金がかかる。が、ガーデンの手の込み具合から言って、安い。

猫に夢中すぎてお花の写真全然撮ってなかったけど、ともかくすごかった。隅から隅まできちんと手入れが届いていて、愛が伝わってくる。こういうところで余生を過ごすの、満ち足りてそう。

f:id:Syarlathotep:20180615182040j:plain

f:id:Syarlathotep:20180615182058j:plain

f:id:Syarlathotep:20180615182116j:plain

こねこねこねこねこ。ねこかわいい。

このガーデンの中、山奥なのもあってめちゃくちゃ電波が悪かったんだけど、こんな立派なガーデンで猫と戯れていたら、それだけで1日が終わるだろうなぁと思った。インターネット離れできそう。

 

ねこと戯れていたら、温泉が開く時間になったので行った。

君津の森 | 大江戸温泉物語グループ【公式サイト】

f:id:Syarlathotep:20180615182400j:plain

ワイン成分の入ってる露天風呂でまったりさっぱり後に太鼓の達人をした。旧筐体だったらしいけど、太鼓の達人は管轄範囲外なのでわからんし、クソ雑魚スコアを出した。ノーツが見える見えない以前に筋力体力が無さすぎてバチを振るのがつらかった。

 

お風呂から上がってちょっと遊んでから、ご飯を食べた。朝食を食べていなかったので、お腹ペコペコである。

f:id:Syarlathotep:20180615182909j:plain

これまた美味しくなさそうな写真が撮れたけど、お腹すいてたのでもう諦めて食べた。バイキングなのに、生魚だけで醤油漬け、カルパッチョ、お刺身と何種類もあってすごかった。プリン2つ食べちゃった。美味い美味い。

 

ご飯をたらふく食べてから、昨日の疲れもあったので休憩スペースでごろごろした。私はカップルシートなるものに一人で寝転んで爆睡してた。狭くて気持ちよかった。

漫画を読めるスペースもあったけど、疲れていたのでひたすらごろごろした。お風呂とご飯だけのプランでも、特に時間制限もなくくつろげてよかった。キャンプの疲れも癒せる。

 

名残惜しかったけど、しばらく滞在してまた車で帰った。道の駅に寄ってお高いびわとにらめっこしたり、PAで泣きながら父親を探す幼女に出会ったりしながら、帰宅。楽しかった。

引きこもりなので、日光を浴びるイベントには引け目を感じていたけれど、ゆったりまったり楽しかった。また行きたい。あと、ゆるキャン△も見ようと思った。