水の都 しゃんどらんど

水の都での日常を記していきます。

パソコン新調したのでmy new gear…する

開封の儀

 

パソコン新調した。

これをツイートしたあとに「そういえばmy new gear…すればよかったな」とか思ったけど、時すでに遅し。ツイ消ししてツイートし直しはダサいので、まぁブログですればええやろヘラヘラとなった。

LenovoくんのIdeapad 720Sです。入手した経緯は、なんというか、2年くらい前からパソコン買い替えたい買い替えたいとずっと言い続けていて、今回天から降ってきたような形です。お天道様も粋なことをしてくれたもんだぜ。

 

前のパソコンくんは✨生協パソコン✨なので、クソザコナメクジすぎてつらかった。いちいち動作が重いどころか起動すら重い。新調したパソコンくんをシャットダウンしていたらシャットダウンするのかと驚かれたけれど、これは前の生協パソコンくんがクソザコナメクジすぎるせいで、スリープさせた後に起動すると倍くらいに動作が重くなっていたため、シャットダウンが癖になっているからであった……。そもそも生協パソコンを購入したのは、私が無知な故に壊れたときの修理が面倒にならないよう4年間の保証目的だったので、合理的ではあったと思う。ただし、去年の段階でメモリの増設やら何やらで2箇所くらいパーツをいじっているので、この生協パソコンくんが未だに保証対象内であるのか否かについてはよくわからない。

 

余談だが、生協パソコンくんは年を追うごとにどんどん動作が重くなっていっていたので、「卒論のデータが飛ぶ」みたいな現象がなぜ起きるのか、その原因の一端を理解したような気がした。がんばえ、全国の生協パソコンくんたち。負けるな。

 

 

そして起動

 

そんなこんなで起動してみた。生協パソコンくんは結構早い段階でWin10にアップグレードしていて使っており、Ideapad 720SくんもWin10だということで、操作感は変わらない。ただ、起動してすぐCortanaがお喋りし始めてクソビビった。初期設定全般をCortanaが担当してくれるらしく、「はい」か「いいえ」で答えろと言われた。時代を感じる。最近はGoogle HomeだったりAlexaだったりと音声認識の技術が発達しているし、これもその一環なんだろうと思うと感慨深い。ちなみに私は最初の1回だけ「はい」と言って認識させた後、煩わしくなってその後全部タッチパッドでマウスカーソルを動かして設定を完了した。時代についていけない人間が爆誕した瞬間であった。

 

なんと驚いたことに、このideapad 720Sくんには指紋認証機能がついている。登録する指紋も初期設定に含まれていた。(PCを起動する際に使うものなのでそれはそう)

指紋認証が使えなかった際はPINを入力して起動するため、PINも同時に設定した。PINを設定しながら、生協パソコンくんを起動した際にパスワードを入力しては、扱いにくいキーボードのせいで1文字入力できてなくて弾かれていたことに思いを馳せ、あれももう前時代的な悩みだったのだろうかなどと考えていた。

 

無事設定も終わり、Chromeくんのインストール&ログインを済ませたところで飽きて遊び始めた。

彼はうちのジェラトーニくんです。名前はジェラ・トニ男(じぇら・とにお)くんです。かわいいですね。やはり猫ということもあってか、箱を見ると収まりたくなってしまうようです。かわいいですね。(2回目)

 

現状

それなりに慣れてきた感じだけど、未だにめんどくさくてデータの移行が終わっていない。生協パソコンくんに色んなデータを残しっぱなしなままである。外付けHDDは持っているので、そこに一旦ぶちこめば良いだけの話ではあるのだけれど、それすらめんどくさい。Ideapad 720Sくんを開いても、ぼけーっとTwitterを眺めたり動画を見たりブログを書いたりと今のところ遊んでしかいない。一応、勉強しろよということでスポーンしたPCなので、勉強、しなきゃなぁ……(ぽけ~っ)って感じで毎日使っている。

ブログに関しては人間活動の一環なのでまだ良いとして、Twitterしかしてないのは本当に生産性が無い。とりあえず、近いうちに自分用のWebページでも作ろうか……経歴という経歴もないので、載せることは完全にブログのリンクとwishlistくらいしか無いけれども、無いよりかはマシそう。宣言してもやらなさそうだが、宣言だけでもしておく。

 

 

 

ゆるりと解決していきたい諸問題

パソコンを新調して、普段遣いに慣れてきたとはいえ、問題点のようなものはちらほらあった。なんせここ4年生協パソコンくんしか使っていなかったもので、勝手が違うことにはなかなか対応できない。

 

手始めに、キーボードを買った。

Logicoolの安いやつ。前の生協パソコンもぺちぺちキーボードで使いにくかったけれど、貧民過ぎてキーボードを買えなかった。富豪になったわけではないが、せっかく良いパソコンに替えたのだから、ここは思い切るところだろうと思って買った。打鍵感は悪くないけど、ずっとぺちぺちキーボードを使っていたので、しっかりとカタカタできるタイプで長文を打っているとやや指が疲れてくる。これは長文を打ちまくることで解決されそう。(?)

それと、キーボードのサイズや配列が若干違うので、これにもまだ慣れておらず、タイポが増える。あと、何も考えずに買ったけど、完全にテンキー不要だった。邪魔以外の何物でもなくなっていて悲しい。食事用の小さいテーブルで使おうとすると、テンキーの分で幅を取られるので置きにくいという難点がある。ちゃんと考えてから買おうと反省した……。

 

他にも、薄くて軽い分、光学ドライブがついていない、USBポートが少ないなどの問題もあった。光学ドライブに関しては、生協パソコンくんがブルーレイを見れなかった関係で購入していた外付けのものがあるのでOK。USBポートに関しては、以前友人から譲ってもらったUSBハブがあったはずなんだけど、見つからないので焦っている。キーボードとマウスで既存のポートは埋まってしまっているので、通話するときのマイクを挿す分があったほうが便利というのと、単純に友人に譲ってもらったものを無くしたかもしれないという部分が引っかかる。探してみてなかったら、諦めて買おうと思う……。

 

上記したマイクだけど、先日Discordをインストールして試してみたところ、うまく接続されなかった。設定を見てみたけどいまいちわからないので、もしかしたら対応していないのかもしれない。よくわからん。これも2年くらい使っているし、音質もお値段程度という感じなので、買い換えるにはいい機会かもしれない。引っ越しのときに説明書とか一括処分してしまったっぽくて詰んでる感じもある。ちゃんと保管しろ。

 

それから、Twitterとか連絡系の通知の出てきかたが生協パソコンくんと比べて少し煩わしい。これも設定と向き合ってみたけれど、前のものと勝手が違うようでどうにもならないっぽいので、諦めるか切るかしたほうが良さそう。これでより一層連絡のつきにくい人間になっていきそうでワクワクする。各位、すみません。(私に連絡してくるような人がこのブログを読んでいるとも考えにくいけれども)

 

 

 

そんな感じで、スマホもPCも新しくなったので、やっていき2018が迫っている。2018年ももう半分以上過ぎてしまっているけれど、何かしらの成果を出していきたい。

神戸に行った

タイトルの通り。行ったのは7/14~16。土曜日の夕方くらいから出発して、16日の朝早くに帰ってきた。ブログ書くの遅すぎるだろ。

 

 

行った理由というか、きっかけは、「せっかく学生最後の夏なんだし浴衣着てお祭り行きたい……」とぼやいていたことである。気がつけばあれよあれよという間に神戸に飛ぶことが決まっていた。なぜ?

最後に浴衣を着たのはいつだっけ、なんて考えてみれば、おそらく中学1年生のときで、従姉妹がお祭りに行きたいと言っていたので同行することになったものの、従姉妹は浴衣で私は私服で行くことになりそうだったところに祖母が「この子だけ浴衣がないのは可哀想!」と力強く主張し、購入に至ったからだった。

今思えば別に浴衣が欲しかったわけではないが、祖母に愛されてるな自分という気持ちになる。ちなみに、その頃から体がでかかったので、「大きいサイズ」と分類されるものしかサイズが合わず、選択肢は狭かった。日本に住んでいると、体の大きな自分は人権の無さを度々感じることになる。仕方ないが、悲しい。

そんなことを思い返していると、なんだか浴衣を買いに行くのが億劫になってきて、結局買わないまま神戸まで飛ぶことになった。相変わらず自分の願望を叶える行動力には欠けているが、めんどくさいものはめんどくさいので仕方ない。

 

 

交通機関は飛行機を使った。基本的に飛行機に乗るのは北九州⇔羽田間だけなので、今までほぼスターフライヤーしか乗ったことが無くて新鮮だった。スカイマークには各席にモニターがついておらず、いつもビデオを見て暇つぶししていた私はフライト中どうしようかなと考えていたけれど、飲酒したらあっという間だった。まぁ、北九州よりかは手前で降りるんだし、当たり前か……。

f:id:Syarlathotep:20180812214227j:plain

こんな感じの楽しいフライトだった。お酒を頼んだらおつまみがついてきて、キットカットは配ってたやつ。美味しかった。飛行機でお酒を飲んだのは初めてだったので、なんだか悪いことをしている気分だった。

 

空港に到着したら目的地まで、ポートライナーとやらに乗った。途中で三宮に寄ってゲーセンに行って、弐寺をやった。兵庫行脚達成したらしい。

駅前とか、駅からゲーセンまでとか、そこそこ人がいて、都会っぽいなぁとか田舎人間なので考えていた。それ以外の感想は特に出なかった。

 

目的地に着いたら、その日はそのまま休んだ。移動で疲れていたからか、目が冴えてあまり眠れなかった気もするけど、正直覚えてない。1ヶ月前の話なので……。

 

 

次の日は起きてしばらくしてから海に行った。今年最初で最後の海だと思う。

海自体は関東に来てからも毎年合宿で行っていたけれど、今年は合宿に参加出来なくなったので、おそらく最後の海。合宿、なんだかんだで毎年ちゃんと行っていたし、ちょっと行きたかった気もする。

スマホはおいていったので、海の写真はナシ。厳しい日差しにうだりながら、数日前の大雨のせいでじゃんじゃか流れてきているゴミをかき分ける感じで泳いだ。楽しいのは楽しかったけど、ゴミが多くて海水に顔をつけるのはとても気が引けた。ちょこちょこ玉ねぎが流れ着いていたのは笑った。あと、クラゲが多かった。死んでるやつだったけど。

海辺でぼんやりとお酒を飲んでみたけれど、なんというか、海は大勢でクーラーボックスでも持ち込んで冷えたビールを飲みながら騒いだほうが楽しそうだと思った。ちなみに、合宿では海で飲酒しないので、海でお酒を飲んだのもこれが初めてだった。

 

 

夕方くらいに近所のイオンに浴衣を買いに行って、日が暮れてからはお祭りに行った。ケバブを食べたり、かき氷を食べたりした。美味しかった。綿菓子も食べたかったけど、見当たらなかったので断念。それと、子供向けのアニメキャラのお面が売ってあったので、ネタとして買うかーと思ったら1,000円もしてひっくり返った。ネタにしては高すぎるので買えなかった。

一通り楽しんだら、場所を移動して晩ごはんにした。

f:id:Syarlathotep:20180812220810j:plain

サザエのつぼ焼きだったり焼きおにぎりだったりイカだったり色々食べた中でも、一番美味しかったのはこの明石焼きだった。名前すら初めて聞いた。口に入れた瞬間ふわふわしていてびっくりした。思わず美味しいと口に出してしまう程度に美味しかった。

 

 

次の日は朝早く起きてさっさと帰って大学に行きました。そんな感じ。もう1ヶ月近く前なので本当に覚えていない。ブログは書くならさっさと書こう。(反省)

ちなみに今回のオチは、神戸のお祭りに行った期間と全く同時期に自宅の近所でもそれなりの規模のお祭りをやっていたらしいということです。ちゃんと調べましょう。

 

 

 

 

 

毎年夏になると、地元のお祭りに行ったときのことを思い出す。もしかしたら、私が"お祭り"に行きたいのは、その記憶に焦がれているからなのかもしれない。

 

 

 

圧倒的自我

昨日、体がとても重かったので、夏場でもちゃんと湯船に浸かって疲れを取るかと思い、浴槽を洗ってお湯を貯めた。お湯を、貯めた。

10分程度したところでお湯を止めて入った。水風呂だった。キレた。

一連のツイートです。2ツイート目の顔文字の数でいかにキレていたかがわかりますね。

前の家はユニットバスだったのでそもそも湯船に浸かるみたいな発想すら無かったけど、代わりに給湯器がついていたので、お湯を貯めたらちゃんとお風呂が出来上がっていた。ちゃんとお風呂が出来上がるって何?

今の家、プロパンガスなのでガス代がめちゃくちゃ高いし、その割にお湯の温度が全然安定してくれなくて(ガスだけのせいではないんだろうけど)、つらい。つらいしイライラする。冷静に考えてガスの温度が全然安定しないのって基本的人権の尊重がなされていないのでは?都市ガス利用の知り合いに毎日湯船を張ったときの冬場のガス代を見せられて、うちのガス代の基本料金よりも安かったときはひっくり返って頭打って死んだ。色々な理由(大人の事情も含む)はちらほら聞くけど、値段に見合ったサービスと思えないので、とてもむかつく。

「次引っ越すときはこうしよう」みたいな学びが前の家よりも多いという点では経験値としてありがたく頂戴すべきなのかもしれない。でも、4畳半の1Rでガス調理台無しIHクッキングヒーター1口のみ、収納ほぼ無しという前の家よりも学びがあるってどういうことなんだよ……というお気持ちになる。さっさと引っ越そう2018。

 

 

 

先月に楽天カードを作ってみたけど、使い勝手は微妙。そんなにヘビーに使うわけではなく、メインのクレカの枠が足りないときとかにサブとして切るだけだから、ポイント還元率と審査の通りやすさを考えて楽天カード。実際、審査は申請して12分で通った。何を審査したんだ?それ以外の理由は特にない。強いて言うなら、楽天の業務用の肉をセールのときに買うとめちゃくちゃお得みたいな話を聞いたというのもあるけれど……、楽天のページの見づらさを考えると使いこなせそうにない。ともかく情報量がいたずらに多すぎて目がチカチカする。勘弁して欲しい。そんな感じで先月ポチポチと使っていたら、所用が重なって今月分の請求が楽しいことになった。

楽天カードは切るたびにメールで利用額の通知がくるようになっているけど、私としてはいちいち通知メールがきたらむしろ鬱陶しくて読まないのでやめてほしい。というか、これは楽天だけの話じゃないけど、パソコンと携帯の両方のアドレスを入力させておいて、同じメールを両方のアドレスに飛ばしてくるのマジでやめろ。鬱陶しすぎる。それだけでそのサービス使う気が失せる程度に鬱陶しい。数撃てば良いってもんじゃねえんだぞ、考えろ。設定からオフに出来るのかもしれないけど、デフォルトでオフにしといてほしい。死んでるメールアドレスなんかわざわざ入力しないんだよこっちは。

それと、楽天カードはメールで通知メールに必ずリボ払いのリンクを貼るので悪い。一回利用残高のリンクと間違えて押しそうになったことがある。悪意しか感じられない。メールですら情報量多いくて読みにくいし。必要なことを必要なだけ簡潔に書いて欲しい。

……閑話休題。したいのはそういう話ではなく、お金を使いすぎている話。所用と書いたけれど、具体的に言えば舞台のチケットを4枚ほど確保したら結構金額がいったというやつである。観劇をするオタクの財布の太さを感じる。全通するオタクとか稼ぎどうなってるんだろうといつも思う。

貧乏学生なので、チケットを取るのはいつも最低限に留めているけど、それでもお金は結構かかる。諦めれば良い話ではあるのだけれど、趣味にお金を使えない人生に耐えられるほどストイックにはなれないので……、むしろ趣味にじゃんじゃかお金を使うからこそ稼ぐぞという気持ちが生まれるので……。難しい。とりあえず、目下節約として自炊をする生活に戻るかなぁと考えている。うちの場合、自炊をしてもバカ高いガス代くんが全部台無しにしてくれるんですけどね。ガハハハハ。(つらい)

それこそ楽天Amazonで安い食材を入手するとか。暑いから保存には十分注意したいところだけれど。平成最後の夏に節約をするのマジ貧民って感じがして最高だ。楽しんでいこう。(クーラーの効いた部屋でミルクティーを飲みながら)

 

 

 

そういえば、先月バイト用にと買った安いカシオの時計を秒でなくした。

知り合いからスマートウォッチ良いぞ~と言われてて、ちょっと興味あったからこの腕時計をいい感じに活用できそうだったら検討してみようかなと考えていて、秒で無くした。つらい。

幸い(?)バイト先で腕時計を使わなくなったので不便はしていないが、ちょっとヘコんだ。物を無くすプロな自覚はあったけれど、それなりに探しても無いので、本当にどこかに落としてしまったのかもしれない。持ち物の管理をしっかりしたい。難しい。

 

 

 

息抜きにアニメ垂れ流しながらソシャゲやりつつあったかいミルクティー飲むの最高に幸せ。数日前に思い立ってスーパーでコーヒーフレッシュを買ってみたら、QoL爆上がりした。ミルクティー大好き人間としては手軽にミルクティーを飲めるのは最高だし、何で今まで導入してなかったのかが不思議なくらいだった。

紅茶のティーバッグも、前にもらったちょっと良いやつを開けて飲んでみたら、香りが良くて嬉しかった。ついつい安いのを探しがちだけど、たまに飲むようとしてちょっと高めなのを買うのも良さそう。同じエントリ内で節約の話と贅沢する話をしてるのちょっと頭悪い感じがあるが……。

それと、胃が弱いマンなので、やっぱり夏にこそ温かい飲み物を飲むべきだと思った。最近胃の調子が悪いから、反省。朝食のときくらいは温かい飲み物を飲んで胃をいたわっていきたい。

 

 

 大学辞めたい。めちゃくちゃ辞めたい。すごい勢いで辞めたい。親になんて話せば辞められるだろうか。うーん、難しい。辞めてそれからどうするかもぼちぼち考えているけれど、多分納得してもらえないだろうなぁ。最悪勘当されることも視野に入れてあるが……、まぁ、きついですね。貯金しよう。

 

 

 

安いコンタクトレンズは目に痛い

もともと使っていたコンタクトレンズ、ワンデーのもので、左右1箱ずつ(30個入り)を買うと6,000円を越えていて、正直出費がつらかった。不器用なので入れるのに失敗することもあって、なおさらつらい。

使い放題みたいなプランもあるようだけれど、それはそれでコスパが悪そうだったので、試しに安めのやつを買ってみた。同じ量で、送料込みクーポン適用したら4,000円ちょっとくらい。これがなんとまあ、入れた瞬間目がひどく痛む。ハードのコンタクトってこんな感じなのかなと思うくらい。5分もすれば痛みは引くし、以前使っていたコンタクトのように視界がぼやけることはないけれど、代わりに目の乾きが少し気になるようになった。どうやら、以前のコンタクトを使っているときの謎の視界のぼやけは、水分量の多さにあったらしい。

やはり、高さには高さなりの理由があるんだなと実感した。私は目に傷が入っているせいで目が乾きやすいため、そこらへんいい感じに折り合いをつけていきたい。コンタクトレンズ探しはまだまだ続く。

 

 

 

 

最近改めて、人と人はわかりあえないものだと感じている。悪い意味ではなく。(もちろん良い意味でもないけれど)

どちらかと言えば、だからこそ人は人を尊重していかないといけないんだよな、と思っているくらいには前向きな感情。例えば、私はあまり家族とうまくやれていないほうで(ここについては完全に私が悪い)どんな必要に迫られようともう実家暮らすのは無理だと思っているけれど、家族が大好きで実家に帰りたいと思っている人はいる。私はそれを否定しようとは思わないし、否定的な感情も湧かない。むしろ、良いことだなくらいに思う。逆に言えば、私だって家族とうまくやれないことを責められるいわれはないし、親不孝者だと非難される必要もない。そういうものだと思う。

 

 

本音を語ることと本音を語らせることの難しさも感じる。本音を語る/語らせるというのは、「言いたいことを言う/言わせる」ことであって、「言いたくないことや言わないほうがいいことを無理やり言う/言わせる」ことではない。酒が飲める年齢になると、その力を借りて本音で話す、飲みニケーションみたいなものもあるが、どうやら私にはそれは最適解ではないようで、うまくいかなかった。

確かに、お酒を飲めば勢いで心の底に隠していたことを言うときはあるけれど、私の場合は言えるようになるまで飲むと泥酔直前くらいになる。しかも、例えば感情ひとつの話をするにも、そこに自分なりの理屈なんて添えられなくなるし、オブラートに包むこともできなくなってさながら暴力のように相手を慮ること無く言葉をぶつけてしまう。次の日思い出すと、とても嫌な気持ちになる。黙っているのよりも話すことのほうがつらいからと飲み込んでいたことを吐き出してしまうのは後味が果てしなく悪い。

 

それでいて、肝心なことはひとつも言えていないのだから、もう笑うしか無い。お酒が入るとむしろ、言いにくいと思っていたことを「死んでも言うか!!」といった具合に尚更強情になってしまうフシもあるっぽい。強情さにパワーを持たせてどうするんだ。

うまくいく人はもちろんいるし、「飲みの席だから」という理由で流せるという利点もあるけれど、結局次の日記憶が曖昧で、言ったことも言われたことも覚えていませんでは虚しいし、難しい。自分が飲みすぎない程度に留めておけば悪くはないのかもしれない。もしくは、自分一人で感情を整理したいときにはそれなりに適していると思う。落ち着いてお酒を飲むと、余計な感情が剥がれ落ちて、自分でも気がついていなかった感情がシンプルな姿で現れたりもする。

 

 

そもそも、あまり人と喋ることが得意じゃないというのもある。おしゃべり、好きだけど得意じゃない。特に、自分がやりたいこととか、やりたいと思った理由とか、心に踏み込んでこられる質問をされると、誰が相手でも本当に心が苦しくなるし、うまく答えられなくなる。答えはある。でも、話せない。外に出られない言葉が口の中で転がり、舌の上で横たわる。

 

クズの本懐」という漫画で、絵鳩早苗は「自分のことは死ぬまで自分だけが知っていたらそれでいいじゃない」と言った。そのとおりだと思った。自分の本当の気持ちは他人に知られなかったとしても、自分だけが知っていればそれでいい。それで、いい。

しかし、それは私だけの都合であって、知りたいという思いをないがしろにするのも身勝手な話である。「知りたい」と「知られたくない」がぶつかりあったとき、どう折り合いをつけるべきなのか、私にはまだわからない。

 

 

ぼんやりと考えていてけれど、おそらく、私が「何になりたいのか」「何を望んでいるのか」「何をしたいのか」などの質問をされてひどく苦しくなってしまうのは、そこに自己肯定的な前提が存在するからではないだろうかと思う。漠然と、「優秀/有能な人間になりたかった」と感じることはあるけれど、その希望には「自分という個体には到底無理である」という反実仮想的な意味が含まれている。これに気がついたとき、なんだか妙に胸のあたりにストンと落ちたように感じて、納得した。自分が自分であることを認めること、自分が自分以外の何者にもなれないこと、自分は自分の枠を広げは出来てもはみ出しは出来ないこと。まず自分に必要なのは、そんな至極当たり前な事実を認めることだったらしい。

この年齢になって今更こんなことに気がつくの、とても恥ずかしいことだと思った。同時に、この年齢でまだ自己肯定ガーとか自分が嫌いダーとかそんなことを無意識とはいえ持ち合わせていたことがそれなりにショックだった。中高生が言っていたら、それはそれは可愛いものだけれど……。折り合いをつけられたと思っていたことが、心の隅の方に沈み込んで見えなくなっていただけでそのまま残っていたというのは、なんとも物悲しい。

 

明日は、今日の私が見て、かっこいいじゃんと思える自分でありたい。

それは広義の「壊れ」である

梅雨はいつになったら明けるだろうかと、毎日傘を片手に考えている。

身軽に生きていくことをとっくの昔に諦めていたため、今までは普通サイズの傘ばかり使っていたが、最近は折り畳み傘も使うようになった。

生活が変わってきたな、と思う。

 

 

ここ2ヶ月くらいで、現金を持つことも以前と比べてかなり減った。交通系ICカードのチャージは現金でしているため、ATMに全く用事が無くなったわけではないけれど、よくよく考えてみれば、限度額も最低なんだから、下手に現金を持ってジャラジャラ使うよりかはカードの天井を叩かないように意識しながら切っていったほうが出費としては少なくなるのだと思う。

現金を持つ機会が減ったと同時に、財布の大きさが煩わしくなってきた。かれこれ2年くらい同じ長財布を使っていて、多少表面の傷が目立ちはするもののまだまだ使えるものではあったので、特別買い換える必要もないと思っていたけれど、最近は近距離であれば家の鍵と財布だけを持って出かけることも増えたというのが決め手となり、小さな財布を運用してみることにした。とりあえずお試しなので、1,000円くらいの安いやつ。

使い心地はというと、まぁ、慣れないのでまだ少し不便である。何よりも、小銭入れが小さすぎて全然入らないので、いよいよもって現金を持つことがなくなりそうな予感がしている。それは良いとしても、ポイントカード類が入らないので、結局財布とは別にカード入れも持ち歩くことになった。上着のポケットに収まるサイズであることを考えると、長財布を持ち歩くよりも利便性は高いのだろうか。

 

 

人と会う外出をするとき以外でも、コンタクトをつけるようになった。根っからの眼鏡派だったものの、訳あって去年の11月くらいにコンタクトをつくり、それからはあまり慣れていない人と会うときに主に使っていたが、最近は眼鏡の度があっていなくて見えにくいため、なんとなくコンタクトを使うことが多い。眼鏡もそろそろ3年くらい使っていて、フレームが疲労しているので、そのうち買い換えるつもりだ。

眼鏡からコンタクトに変えると、大抵はコンタクトのほうが(眼鏡をかけていないほうが)見栄えが良いじゃないかと言われるが、そもそも見栄えを気にしているのであれば眼鏡なんて最初からかけていないし、そんな風に言われれば尚更ずっと眼鏡をかけていようと思うような逆張りオタクでも、利便性には負ける。世の中、地味に見えていたほうが便利なことは多々あるため、時と場合にもよるのだろうけれど。

 

ジーンズを履いて出かけることが多くなった。以前はほとんどバイトでしか履いていなかったが、最近は軽く出かけるときも楽な格好を選ぶようになった。あんまりお洒落な洋服を持っていないというのもある。出かけるときにさくっと身支度が終わると、途中で出かける意思をなくすことが減るので、良い。

 

 

もう2ヶ月ほど前になるが、スマートフォンを新調した。某大手キャリアの回線を使っているし、支払いは両親持ちのため、スマホを新調する場合は月額利用料金と共に両親の口座から引き落とされる形。となると、自腹で機種変するにしても、両親への許諾が必要となる。何度か交渉を試みたものの、許可が降りなかったので、ため息をつきながら度々動作を止めるSO-02Gを見つめて頑張れ頑張れ動け動けと応援していた。Twitterはほどほどに動くが、ブラウザの重さがひどかった。あとは発熱も。4年前に買って、それから2回ほど水没やら何やらで壊してリフレッシュ品と取り替えていたので、同じものを使い続けていたわけではないが、それでもバッテリーの劣化もひどくてしんどかった。

 そんなこんなで、2ヶ月ほど前に中古のSO-02Jに替えた。ぬるぬる動いてとても良い。あとは内部ストレージが16GBから32GBになったので、カツカツだった容量もかなり余裕ができた。まぁ、ゲーム入れるから結局…って感じはする。数年前で時代が止まっていたので、指紋認証が便利すぎてハゲそうな気持ちである。それと、周辺の明るさに合わせて自動で画面の明るさも調整される機能が便利でよい。フィーチャーフォンの頃は感じたことがなかったけど(というか、フィーチャーフォンも4年間同じものを使い続けた……)定期的にスマホは変えるべきだと思ったし、同様に2年縛りはやっぱり煩わしいなと思った。

 

 

 

 色々なものを処分した。なんとなく捨てられなくて雑に放り出していたものとか、見て見ぬふりをしていたものとか。

 

サブ回線として使っていた、IIJmioを解約した。サブ回線はサブ端末に挿して主にゲーム用として使っていたけど、サブ端末くんが文鎮化してしまって以来触れていなかったにもかかわらず、契約は継続していた。月1,000円もいかないくらいだけど、1,000円あればできることを考えると、結構もったいないことをしていたと思う。解約手続きが面倒くさかったが(手続き自体は簡単であって自分が不精だっただけ)、Huluの契約を切ったときに一緒に切った。Huluも、ちょくちょく見てはいたんだけど、端末にダウンロードして視聴ができないのがネックで、家でじっくりと作品を楽しむ時間が取れなくなったため、やむなく解約した。ドラマは好きだし、海外ドラマも豊富に配信されていたため、また時間が取れるようになったら再契約するかもしれない。

 

 

大学の講義で使ったレジュメ類もかなり処分した。何だかんだ、レポートを書くときに過去のレジュメを使うこともあったため、必要そうなものは取っていたが、もうそれほどレポートを書く機会が無いことを考えると、処分が妥当だろうと思う。自分が学んだ痕跡を消すのは少し惜しい気はしたけど、前回の引っ越しのときにレジュメの処分だけでもかなり体力を使ったことを思い出せば、溜め込んでおくのが得策でないことは明らかだ。きっと、この部屋から実像が消え去っても、自分の脳内のどこかに知識は形として残っているだろう。同様に、雑誌も泣く泣く処分。これからは買う雑誌をもっと厳選していきたい……。

 

 

処分したものもあれば、買い足してみたものもある。キッチン周りのものとか。

まだまだ足りないものもあるけど、失敗しなければこの家で過ごす時間が残り1年も無いと考えると、買い足すか否かは結構考えものでもある。増やした分だけ減らせばプラマイゼロ理論でやっていきたい。

冒頭に書いた傘も、干しているときによくよく見てみたらかなり薄汚れていたりもして、こんな風に「使えなくはないけど買い直したほうがよさそうなもの」ってうちの中にたくさんありそうだなぁと改めて感じる。物を捨てられないのと惰性で使い続けてしまうのが相乗効果を織りなしている面が多々あるな。多少なら良いが、度が過ぎるとみすぼらしく見えるだけだから気をつけよう……。

 

 

 

 

そういえば、身辺整理と同時に、生まれて初めて自宅(自室)に他人のものを置くためのスペースをつくってみたけど、不思議な感じ。そのうち慣れると思うし、このスペースも広がるのかもしれない。先のことは、わからない。

 

 

ゆるキャン△見てないけどゆるキャンした

先週の土日、誘われてキャンプに行った。社会人5人に学生がひとりだけ混ざるの、とても緊張した。

レンタカーで行って(免許持ってないので完全にお任せしてた)、途中でスーパーなどに寄って材料を買う。バーベキュー久しぶりだから何が必要とかわからなくて、カゴを持って食材を選ぶみなさんの後ろをぼーっと歩いていた。役立たずで申し訳なかった。

初対面の人ばかりな上にみなさん年上だったので、完全にコミュ障を発動していて、気の利いた話題も提供できなかった感じ。道中も完全に沈黙しきっていたところを、運転していただいた方の「会話に混ぜてあげてよ~」というありがたい一言から、やっと会話に入り込めた。情けねえ……。

 

そんな感じで、キャンプ場に。

場所はここ↓

http://www.kazusa-autocamp.com/

事務的な手続きをして、借りた場所に移動したのちにテントの組み立てを始める。ここでも完全に役立たずをキメていて、上記のドライバー担当の方がまたも気を遣ってくださって、仕事を与えてもらったりした。情けないオブ・ザ・イヤー2018ですよこれは。

f:id:Syarlathotep:20180612215501j:plain

完成したテントの正面からの写真が無いのでイマイチ伝わらないかもしれないが、このテントめちゃくちゃ大きい。8人用らしい。(確か)

例のドライバーの方の奥さんがプロらしく、テント張りの指導をしていただいた。しかも、このテントの張り方をYouTubeで予習までしてきてくださっていたらしく、完全に頭が上がらない。ありがとうございました……。

こんな大きなテントは初めてで、組み立てながらうきうきしてた。

テントが完成したら、お次はバーベキュー。

f:id:Syarlathotep:20180612222510j:plain

f:id:Syarlathotep:20180614233002j:plain

お肉、おいしい。お酒もガバガバ飲んだ。

暑かったし、朝ごはんも食べていなかったので、なおのこと食が進む。喉も乾いていたのでビールが美味い。

借りていたスペースが適度に日陰もあるところだったので、直射日光に悩まされることもなくのんびりした。美味しい日本酒もいただいたりした。このあたりでもうすっかり打ち解けることができていたため、酔い過ぎたフシもある。何から何まですみませんといった感じ。

 

 

バーベキューが一旦落ち着いてから、駅まで行ってみるかということでキャンプ場の外に出た。途中でかき氷を食べたりもした。

f:id:Syarlathotep:20180614232937j:plain

酔い覚ましにはならなかったけど、量が結構多かったため嫌に頭は冷えた。お腹壊したらどうしよとか考えながら、練乳うめぇ~と貪る。かき氷まで食べてしまうと、もう気分は完全に夏だ。

食べ終わってからは駅に行ったり、途中で見つけた酒屋でお酒を買い足したりした。酔いが回りきっていたので、歩きまわって胃が若干やばかった。耐えたけど。

 

 

そんなことをしているとかなり日も暮れてきたので、お鍋をやりつつ、花火もした。手持ち花火だいすき。200本入りを買っていっていたので、心ゆくまで燃やし尽くした。少し外れた季節にやる花火、趣深い。

お鍋も食べつつ、なんだかんだでお酒もずっと飲んでいたと思う。日本酒を結構あけてしまった……。夜は22時消灯だったため、それくらいに寝た。さすがにそこまでお酒入っていると爆睡だった。

 

 

次の日は生憎な天気だったため、朝は早めに起床した。嘘。起きてしばらくしたら二日酔いが多少あって、車だからやばいかもと思ってお茶をたくさん飲んで二度寝した。二度寝したら二日酔いがすっかりよくなったので、肝臓くんありがとうと思った。若さに感謝。

テントをたたみ、惜しい気持ちながら撤収してからは、ご飯を食べる場所を探していた。しばらく山道を走って(二日酔いの人たちがつらそうだった)、ドリプレ・ローズガーデンというところに来た。

房総半島の森の中。手作りのドリプレ・ローズガーデン。 - 房総半島の森の中。手作りのドリプレ・ローズガーデン

看板だけだと英国風の豪華なカフェっぽくて、ドレスコードあったらどうしよ~とか思ってた。Tシャツジーンズで行くのが躊躇われるような雰囲気を醸し出していた。

中に入っていくとやっぱり英国風の豪華なお庭という感じがして、お高そう……と思っていたら、こんな看板が出現する。

f:id:Syarlathotep:20180614234203j:plain

ネコがいます‼

ネコがいます!?ネコおるんか!??!!?!

ネコが好きなのでウオーと思いながら入ったら、ネコの天国が広がっていた。

お出迎えしてくれた猫ちゃんは2匹いて、まだ小さい子と大きめの猫ちゃん。なぜか2匹とも私の左足の靴を匂いかいだりかじりまくったりしていて、ちょっと痛かったけど幸せだった。猫、かわいい。最高~!

f:id:Syarlathotep:20180614234537j:plain

お店の中はこんな感じでアンティーク調に仕上がっていた。よく見ると売っているものもあって、ちょっと心揺らいだりもしたが、我が家にはそぐわないものしかなかったのでぐっとこらえた。一度でいいからこんな家に住んでみたいなぁと思う。

f:id:Syarlathotep:20180615000259j:plain

f:id:Syarlathotep:20180615181300j:plain

ガーデンに出るには別料金がかかる。が、ガーデンの手の込み具合から言って、安い。

猫に夢中すぎてお花の写真全然撮ってなかったけど、ともかくすごかった。隅から隅まできちんと手入れが届いていて、愛が伝わってくる。こういうところで余生を過ごすの、満ち足りてそう。

f:id:Syarlathotep:20180615182040j:plain

f:id:Syarlathotep:20180615182058j:plain

f:id:Syarlathotep:20180615182116j:plain

こねこねこねこねこ。ねこかわいい。

このガーデンの中、山奥なのもあってめちゃくちゃ電波が悪かったんだけど、こんな立派なガーデンで猫と戯れていたら、それだけで1日が終わるだろうなぁと思った。インターネット離れできそう。

 

ねこと戯れていたら、温泉が開く時間になったので行った。

君津の森 | 大江戸温泉物語グループ【公式サイト】

f:id:Syarlathotep:20180615182400j:plain

ワイン成分の入ってる露天風呂でまったりさっぱり後に太鼓の達人をした。旧筐体だったらしいけど、太鼓の達人は管轄範囲外なのでわからんし、クソ雑魚スコアを出した。ノーツが見える見えない以前に筋力体力が無さすぎてバチを振るのがつらかった。

 

お風呂から上がってちょっと遊んでから、ご飯を食べた。朝食を食べていなかったので、お腹ペコペコである。

f:id:Syarlathotep:20180615182909j:plain

これまた美味しくなさそうな写真が撮れたけど、お腹すいてたのでもう諦めて食べた。バイキングなのに、生魚だけで醤油漬け、カルパッチョ、お刺身と何種類もあってすごかった。プリン2つ食べちゃった。美味い美味い。

 

ご飯をたらふく食べてから、昨日の疲れもあったので休憩スペースでごろごろした。私はカップルシートなるものに一人で寝転んで爆睡してた。狭くて気持ちよかった。

漫画を読めるスペースもあったけど、疲れていたのでひたすらごろごろした。お風呂とご飯だけのプランでも、特に時間制限もなくくつろげてよかった。キャンプの疲れも癒せる。

 

名残惜しかったけど、しばらく滞在してまた車で帰った。道の駅に寄ってお高いびわとにらめっこしたり、PAで泣きながら父親を探す幼女に出会ったりしながら、帰宅。楽しかった。

引きこもりなので、日光を浴びるイベントには引け目を感じていたけれど、ゆったりまったり楽しかった。また行きたい。あと、ゆるキャン△も見ようと思った。

 

 

水族館に行った その3

仙台うみの杜水族館に行った。

f:id:Syarlathotep:20180531160110j:plain

www.uminomori.jp

仙台に行った経緯は前回のエントリからどうぞ。

 

syarlathotep.hatenablog.com

 ぱっと見の印象、「建物がでかい」。

中野栄駅からしばらく歩くと、こんな巨大な水族館が現れた。ワクワクが止まらないぜ。

f:id:Syarlathotep:20180531160358j:plain

水族館につく直前、案内の看板があったのだけれど……、何だこのペンギン(?)っぽいの。ナスか?となった。ゆるそう。

彼は仙台うみの杜水族館の公式キャラクター、「ペンギンのモーリー」らしい。水族館の出口あたりでやっと名前が判明した。

なんやこいつ(ちょっとかわいい)と思いながらチケットを買うと、ここにもペンギンのモーリーが出現していた。

f:id:Syarlathotep:20180531160849j:plain

左のチケットのペンギンのモーリーに至っては、仕事をする気ないだろお前以外の言葉が出ない。やる気のない生命体はかわいくてよい。

ちょっとチケット高いなあとは思いつつ、まあイルカおるしイルカへのお布施と思えば……なんて考えながら中に入る。

f:id:Syarlathotep:20180531161125j:plain

入ったらいきなりインスタにばえそうな水槽が並んでいた。そういう水槽も好きっちゃ好きなんだけれど、周囲が暗いと水槽がよく見えないため、ちょっとムムとなる。近眼はつらい。

f:id:Syarlathotep:20180531161700j:plain

で、その先に進むと、これまた暗い。が、上を見上げると、水槽があった。素敵。

トンネル型の水槽はよく見るが、頭上部分に水槽を埋め込んでいるのは初めて見たかもしれない。お魚を下から覗くのは新鮮な感じがして楽しかった。水槽の更に上から降り注ぐ日光も趣がある。

この水槽の魚はマボヤと言うらしく、左側にマボヤの生態系についての説明書きがしてあった。そして、マボヤの美味しい食べ方も載っていた。美味しそうだった。

f:id:Syarlathotep:20180531163052j:plain

マボヤのもりを抜けると、巨大な水槽が現れた。

絶景!この水槽の前でぼんやり座ってたら、1日が終わりそう。マイワシとマサバの群れがとても綺麗。こちらにお腹を向けるエイくんたちも可愛らしい。最初見た時点では気が付かなかったのだけれど、どうやらこの水槽にはスナメリもいたらしい。他の魚たちが左右に緩やかに泳いでいる中、上下に泳ぐ姿に自由さを感じた。多分呼吸の問題があるからなのだろう。

 

この巨大な水槽から離れるのが惜しくはあったけれど、先もまだ長いはずなので進むと、ちょうどイルカのショーの時間が迫っていたらしく、アナウンスが入った。せっかくなので、とりあえず目の前の水槽には後で戻ろうとスルーし、ショーに向かった。

 

f:id:Syarlathotep:20180603104959j:plain

ショーの会場もこれまた広い。というか、柵がない。なんだこれ、と絶句した。

前方も空いていたので最前列に座ってみると、近い。ともかく近い。なんだこれ。(2回目)

目の前でショーを控えたイルカが遊んでいたのだが、本当に間近。この時点で大興奮というか、すでに入館料がちょっと高いとかいうことも頭からすっぽ抜けている。おひねり投げたいくらいの気持ちだった。

f:id:Syarlathotep:20180605134738j:plain

f:id:Syarlathotep:20180605134830j:plain

f:id:Syarlathotep:20180605134927j:plain

f:id:Syarlathotep:20180605135000j:plain

f:id:Syarlathotep:20180605135031j:plain

f:id:Syarlathotep:20180605135105j:plain

f:id:Syarlathotep:20180605135156j:plain

可愛い。天才的に可愛い。可愛いは才能。

イルカさんたち、結構体が大きくて水しぶきを警戒したけれど、ジャンプ後も綺麗なフォームで入水するため平気だった。多少はかかってもいいかな~なんて思っていただけに拍子抜けした。

プログラムとしてはオーソドックスなショーだったが、何よりも近いというだけで+5000000000000000000000000ポイントくらいになる。オイオイオイこのショー無料で本当に大丈夫か!?みたいな気持ちだった。

ショーが終わり、前の方の列は閉じられてしまったが、後ろの方は開放されたままだったため、ポップコーンをかじりながらおもちゃで遊んでいるイルカをぼんやり眺めた。非常に可愛くて早くあれになりたいとぼやく。

ショーが行われたスペースは館内のレストラン以外で唯一飲食が許されているスペースであったため、親子連れがシートに手作りのお弁当を広げてお昼にしていたりもした。形容しがたいけれど、私の中の"理想の家族像"に刺さり、胸がキュッとなった。

 

ポップコーンも平らげて、イルカのぬいぐるみが当たるくじに後ろ髪をひかれる思いで館内へと戻った。どこまで見たかなぁと思い出しながら戻って、プラプラと歩いていたら鯉に餌やりをできるスペースがあった。

餌はガチャガチャ形式で販売されており、1回100円。やるしかねえということでガチャガチャして高笑いしながら鯉に餌をばらまく。

f:id:Syarlathotep:20180605141246j:plain

f:id:Syarlathotep:20180605141300j:plain

うーんこの躍動感。貴族になった気分だった。100円しか払ってないけど。

鯉たちは餌を撒くと群がってくるが、みんな必死な割に餌を食べるのが下手くそで、お前鼻先に餌のってるぞみたいなのがたくさんいた。その不器用さ、やや愛しい。生臭いけれど。

f:id:Syarlathotep:20180605141634j:plain

f:id:Syarlathotep:20180606201144j:plain

最近よく見る縦長タイプの水槽。永久に魚がぐるぐる回るので永久に眺めていられる。

こういう魚の群れを眺めていると、規則的に動いているように見えて結構ガタガタにブレたり、群れからはぐれて迷子になっている魚もいたりすることに気がつく。面白い。

f:id:Syarlathotep:20180606202418j:plain

これは微妙な角度のマンボウ。力尽きかけているみたいな写真になってるいるけれど、おそらく彼は元気です。おそらく。

f:id:Syarlathotep:20180606202525j:plain

か、可愛い~~~!!!細い筒にぎっちり詰まっているこの感じ……動く気まったくなさそう。じっとしている生命体の可愛さよ。みんななかよし。

f:id:Syarlathotep:20180607133908j:plain

しばらくそんな感じで水槽を見ていたら、深海生物のコーナーに着いた。着いた途端にあったのはこの展示。

この水族館、初っ端のマボヤにしても、お魚を食べることを念頭に置きすぎでは?このレシピの反対側には、実際に深海魚を調理している映像がモニタから流れていた。面白かった。

f:id:Syarlathotep:20180607140046j:plain

カエルくんかわいい。愛らしい。カエルの水槽が4つくらいあったんだけども、他のカエルはウシガエルとかそういうゴツいので、ちょっと気味が悪かった……。

f:id:Syarlathotep:20180607140229j:plain

恒例のインスタにばえる水槽。実際女性2人がキャッキャ言いながらこの水槽をバックに自撮りしていたし、そういうコンセプトのもので良いのだと思う。ほのぼの空間って感じが最高だし、何より色合いや照明の加減が目に優しい。ひとやすみ感ある。

f:id:Syarlathotep:20180607140531j:plain

f:id:Syarlathotep:20180607140556j:plain

撮るの下手過ぎて可愛さがまったく伝わらないどころか精神不安定になりそうな写真見て!!!!!!!!!!!!!(本当にすみません)

f:id:Syarlathotep:20180607140909j:plain

ひとつ上の写真とはうって変わって激激激かわいいすやぽよカワウソも見て!!!!!!!!!めちゃくちゃ可愛くないですか!??!??!?!!??!活発に動いている生命体は、それはそれで元気な姿やノロノロとした姿が可愛くて、動く気のない生命体は、ひたすら愛おしい。いい感じにお日さまの光を浴びて、ぽかぽかどんな夢を見てるんだろう。おててがピクピク動いてた。

f:id:Syarlathotep:20180607141645j:plain

f:id:Syarlathotep:20180607141709j:plain

ちょっと遠くて見えにくいけれど、彼らもイルカ。広めの水槽にこの2匹しかいなくて、今つがいになろうと頑張っているところらしい。ほんのりと差し込む日光が少し幻想的にも感じられて、はやくこれになりたいという気持ちでいっぱいである。つがいになれるといいなぁ。

f:id:Syarlathotep:20180607142151j:plain

毎度おなじみ癒やしのチンアナゴコーナー。この水族館、イルカもいるしチンアナゴもいるし本当にすごい。マンボウもいたし。冗談抜きに、今まで行った中で最高かもしれない。

f:id:Syarlathotep:20180607142408j:plain

ペンギンくんたちもいた。ほのぼの。手前のくっついてる子たちが可愛い。

 

 

 

 

と、こんな感じ。仙台うみの杜水族館すごかった。仙台はなかなか行く機会もないと思うけれど、いつかまた行きたい……。ここなら1日中滞在できそう。

あと、ショップにとても気に入ったポップがあったので、それを貼って最後にします。

f:id:Syarlathotep:20180607142758j:plain

イルカはいるか?