水の都 しゃんどらんど

水の都での日常を記していきます。

ライティングのお仕事をください

職がないなら自分で作ればいいじゃない─シャミー・アントワネット(1996~現在)

 

 

 

いや、まあ無事に先日アルバイトの採用に合格したので完全なる無職ではなくなったのですが、そのバイトもフルタイムなわけではないので、家でプログラミングの勉強をしつつ出来る仕事ないかなあと探してたんですが、ないんですねこれが。

じゃあ私に何が出来るのか。……長い文章を書けます!そこそこエモいやつも書けます!自分語り出来ます!くらいしかないなと思った。エッセイでも書くか?って感じである。

まあでも実際にライティングのお仕事をやっていないわけではなく、一記事だけですが書いたことはあります。以下のエントリ参照。

syarlathotep.hatenablog.com

 

どれくらいの文章量書けますかと言われると難しくて、おそらくはテーマによります。最長は1万文字超えたこちらのエントリです。 

syarlathotep.hatenablog.com

 

そこそこエモそうなやつ

syarlathotep.hatenablog.com

syarlathotep.hatenablog.com 

syarlathotep.hatenablog.com

 

syarlathotep.hatenablog.com

 

 

ふざけてるやつ

 

syarlathotep.hatenablog.com

syarlathotep.hatenablog.com

syarlathotep.hatenablog.com

 

 

 基本的にPVは一般人にしてはそこそこ取れている方じゃないかと思います。一番多いのはTwitterからの流入で、フォロワーも3桁前半でも最近はコンスタントに1,000PVを超えるようになってきました。何でだろう。私にもわかりません。

 

書けることとしては自分にまつわること、サービスの紹介とかですかね。真面目な文章はあまり得意ではありません。どんな文章を書くのかは過去のエントリを読んでみてください。

まあなんかそんな感じです。ご興味のあるという稀有な方は@SyarlathotepにDMまたはリプライをください。ここのコメント欄では気づきにくいので……。

 

ではよろしくお願いします。何もなかったら病んでメンヘラポエムを投稿し続けるbotになります。

 

 

ライティングのお仕事をください

職がないなら自分で作ればいいじゃない─シャミー・アントワネット(1996~現在)

 

 

 

いや、まあ無事に先日アルバイトの採用に合格したので完全なる無職ではなくなったのですが、そのバイトもフルタイムなわけではないので、家でプログラミングの勉強をしつつ出来る仕事ないかなあと探してたんですが、ないんですねこれが。

じゃあ私に何が出来るのか。……長い文章を書けます!そこそこエモいやつも書けます!自分語り出来ます!くらいしかないなと思った。エッセイでも書くか?って感じである。

まあでも実際にライティングのお仕事をやっていないわけではなく、一記事だけですが書いたことはあります。以下のエントリ参照。

syarlathotep.hatenablog.com

 

どれくらいの文章量書けますかと言われると難しくて、おそらくはテーマによります。最長は1万文字超えたこちらのエントリです。 

syarlathotep.hatenablog.com

 

そこそこエモそうなやつ

syarlathotep.hatenablog.com

syarlathotep.hatenablog.com 

syarlathotep.hatenablog.com

 

syarlathotep.hatenablog.com

 

 

ふざけてるやつ

 

syarlathotep.hatenablog.com

syarlathotep.hatenablog.com

syarlathotep.hatenablog.com

 

 

 基本的にPVは一般人にしてはそこそこ取れている方じゃないかと思います。一番多いのはTwitterからの流入で、フォロワーも3桁前半でも最近はコンスタントに1,000PVを超えるようになってきました。何でだろう。私にもわかりません。

 

書けることとしては自分にまつわること、サービスの紹介とかですかね。真面目な文章はあまり得意ではありません。どんな文章を書くのかは過去のエントリを読んでみてください。

まあなんかそんな感じです。ご興味のあるという稀有な方は@SyarlathotepにDMまたはリプライをください。ここのコメント欄では気づきにくいので……。

 

ではよろしくお願いします。何もなかったら病んでメンヘラポエムを投稿し続けるbotになります。

 

 

そろそろ無職やめたい

有り体に言って勉強してないとき以外メンタルが瀕死状態になってるからそろそろアルバイト程度の職が欲しい。フルタイムで働ける自信は無いので、とりあえずアルバイト。

っつったところで実力があるわけでも何でも無いので、どこかのインターンシップとか見つけ出してくるしかないんだろうけど、現状エンジニア枠なんか恐れ多くて無理だしアッすみません床の拭き掃除してますごめんなさいみたいな。うん。

 

なんかいい感じに勉強しながら実務教えてくれる会社ねえかな(他力本願寺)といった感じに、メンヘラ極まって闇に葬った求職エントリのセカンドを書こうとしたけれど、同じことを繰り返すだけな気がして思いとどまった。せめてどこかの隅っこに座れているくらいの自信が持てない限り、消費されるだけに終わってまたメンがヘラって指さして笑われるんだろうなあ、と。指さして笑うのは私がぐっちゃぐちゃの無残な惨死体にでもなっているときにしてほしいものだけれど、きっとそんなものを見たら「力になってあげればよかった」なんて言われるんだろうな、つくづく欲しいときに欲しいものが振ってこない人生だ。

 

閑話休題。今日はびっくりしたことでも話そうと思います。

先日エスカレーターでずっこけて足に2箇所ほどくぱりと穴を開けてしまった私ですが、貼っていたキズパワーパッドから異臭がし始めたので10年ぶりくらいに皮膚科に行きました。膿んでたら厄介だなあと思って。

そこで先生に怪我の状態と処置を言ったら、どうやら最近は傷に消毒液は使わないらしくて驚いた。傷を治す力も奪っちゃうんだそうな。漫喫の個室の中で必死に消毒と止血を繰り返していた自分を思い出して目眩がした。先生曰く、消毒ではなくしっかりと石鹸を泡立てて患部を洗い、軟膏を塗るのが良いのだとか。ちょっぴり傷口をぐりぐりされてマジラブブギウギクソ痛い死ぬつらいとなったけれど、石鹸で洗ったときにそんなに痛くないのは意外だった。すごい転び方をしたのでしゃるらとほてぷの膝はもう限界なわけですが、駅でうずくまっていたところを見捨てないで面倒見てくれたおばあちゃんとサラリーマンのおじさんとお姉さんには感謝したい。すみませんでした。

 

そんなこんなで、マツキヨで買った消毒液くんどうしようかなあって感じ。そっかー、昔からあの染みる感じが傷を治してくれると思ったけどそうじゃないんだな。変わったのね、時代……。でも今回のことで、家にガーゼやテープ類などをストックしておくことは大事だなと思った。小さい頃から何故か何もないところでコケるような人間だったため、気をつけていきたい。

 

 

ところで、いいバイトなにかありませんか。

 

 

 

Pixel3買った

Pixel3を買った。

メンヘラニートなのにどうやって買ったのかというと、喧嘩したあとの恋人を殴ってドロップしました。南無三。

 

今日の何時頃だったか、Pixel3aが発表されていたけれど、スペック的にもこっちの方がよかったので別に良いやというお気持ち。Pixel3 liteが発表されていたら泡吹いて死んでたかもしれない。

イヤホンジャックがないことについてもBluetoothイヤホンがあるし、Xperiaに慣れすぎた手にはちょっとばかりiPhoneライクに感じるところがある以外は特に困っていない。というか便利。あとは常にいじっているため、充電の持ちがネックな気がするけれど、どうせ荷物多いんだからモバブを持ち歩けばオッケー。

 

指紋認証が画面点灯ボタンのところじゃなくて背面にあるのがやや違和感だったけどすぐ慣れたし、むしろこっちの方が良いくらいかもしれない。スマホを持った勢いでそのまま認証出来るので便利。ゲームは特に入れていないけれど、それなりに動くんじゃなかろうか。今はカナヘイのパズルゲームだけ入れている。

www.kanaheirocket-pre.com

クソゲーだろwと思いつつうさぎとピスケの可愛さに癒やされてる。まあゲーム自体はクソゲーなんですが……。

PUBGMとかはどうなんだろう、さくさく動くのかな。ゲームは基本タブレットにしか入れてないからわからないけど、Pokemon GOくらいはインストールしておこうかな。本体容量が128GBあるので、よく使うお店のポイントアプリとかも惜しまずに入れてよさそう。最近はドトールがお気に入りなので、入れとこうかな。

 

最近のスマホ事情は極めて難しい。大好きだったXperiaはどんどん自我を失ってiPhone化していくし、iPhoneは業務で取り扱っていてもどうしても慣れなくて使えないし、やっぱりXiaomiが良いのだけれど、Xiaomiは技適通ってないし……。Xiaomi頑張ってほしい。あとNFC対応してほしい。Xiaomiは非常に良いので、ぜひ普及して欲しい。

 

そんな感じのスマホ事情。”無難”すら選べなくなってきていて窮屈だ。Androidが良いけどGooglePayは対応カードが増えないし、厳しい。便利なんだけど、SuicaQUICPayとdポイントカードくらいしか使えない。あとはクレジットカード番号のリマインダーにしてる。

 

 

そういえば、アプリと言えばマツモトキヨシのアプリが便利。

www.matsukiyo.co.jp

会員登録も難しくないし、1日2回クーポン獲得のゲームが出来る。一押しの機能はお薬手帳。家の近所のマツキヨは処方箋対応しているため、これが非常に便利。病院に行って処方箋を出されたら、アプリから処方箋の画像を送信して来店日時を選択。大体すぐに準備が出来るので、私みたいに8種類とか薬をガッともらう人は待ち時間が少なくなるので良いです。それから、マツキヨまで少し歩くので運動にもなる。一回1月分の薬を出されて処方箋を飛ばしたら「エビリファイの在庫数が足りないから夕方まで待って欲しい」と電話が来たのは笑ったけど。

 

エビリファイで思い出したけど、メンクリ日記も書いてないなあ……。色々とブログネタあることに気がついたので、またぼちぼちやっていこう。

 

 

平成最後の華金だったので恋人とディズニー行った

「ディズニー行きてえ~」

「連休明けたらな」

「おう」

 

 

「明日(4/26)ディズニー行く?」

「え?」

「泊まりで」

「え??????」

 

 

そんなこんなで何故かディズニーシーに行くことになった、というか行ってきた。

タイトルは完全に煽りなので、特段平成最後の華金ということに気がついていなかったけれど、向かっている途中にTwitterしてたら「平成最後の華金」というツイートが流れてきたので気がついた。思いがけぬ感じで思い出になりそうだった。まあ平成最後の日は恋人と喧嘩して令和を迎えることになったんですけどね。

 

 

私はシーよりもランド派だけれど、恋人が私の持っているダッフィー・シェリーメイ・ジェラトーニのぬいぐるみを溺愛しているため、彼らのショーを見るためにシーに行くことにした。シーは久しぶりだったので、私も地図やアトラクションを覚えていなかった。入場手前の写真スポットではいわゆる「制服ディズニー」の高校生(?)がわいわいと青春していて楽しそうだった。別に羨ましくは無い……むしろ制服でディズニーなんか行きたくない……。

 

ディズニーは公式で待ち時間やマップのわかるアプリがいつの間にか出ていたのでそれを駆使した。

www.tokyodisneyresort.jp

アニメーションが凝っているのは良いのだけれど、アプリ自体が重いのは勘弁してほしかった。でも待ち時間がわかったし、平日だったためどのアトラクションも空いていた。最高でも40分待ちで、ディズニー計算でいけば15分くらいの感覚である。やっぱりディズニー行くなら平日に限るな!

 

とりあえず穏やかめなアトラクションをプラプラと回った。

これはぬいぐるみのフォトスポット。本当はジェラトーニを連れてきたかったけれど、雨が降る予定だったので断念した。私も恋人も日頃の行いが悪いのでお天道様に嫌われている。

 

恋人は三半規管が弱いので激しいものは乗れない。いやディズニーに激しいアトラクションなんてありませんが……。無事にお目当てのダッフィーたちのショーも見れたし、夕食も豪華なものを食べさせてもらった。

価格としてはホテルよりも安いのかな?という感じだったけれど、今までディズニーに行った中でこんな料理を食べたことがなかったので感謝。お酒がほんのりと入ったこともあって来てよかった、楽しい、こんなの初めてと可愛らしい感情が湧いてくる。まあ平成最後の日は喧嘩するんですが。(2回目)

 

 

日が落ちてくると流石に寒くなってきたけれど、耐えられないほどではなかったのでアトラクションに乗り続けた。ディズニーは「子供向けじゃん」と思うようなものでも楽しめるのがとても良い。誰と行っても楽しめますね。パレードは見れなかったけれど、初めて「トイ・ストリー・マニア!」に乗ることが出来た。昼過ぎから行ったので特にファストパスはなかったけれど、40分待ちくらいで乗れた。いやー、楽しかったですね。3Dの的をガンガン打って点数をあげるというものだったのだけれど、本気で勝負しちゃった。途中まで負けていたのに最後に巻き返したのはアツかったです。ドヤ顔したら「すごいね~」と子供扱いされたのには納得していない。

 

本当はシーの中のバーに行くつもりだったのだけれど、ラストオーダーが20時だったらしく、21時を超えて行ったら入れなかった。次は気をつけたい。お土産屋さんを軽く見て回って、特にめぼしいものもなかったのでホテルへと戻った。

シーの夜景綺麗だった。

 

これはモノレールにあったメダル製造機みたいなやつで作りました。穴すら開いてないから保管方法はわからないけれど、100円だったしとりあえず財布に入れてる。

 

 

ホテルにバーがあるか確認したら、カフェ兼バーのようなものがあったのでそこに行った。バーというには明るすぎて、少し笑った。適当にテキーラベースのカクテルを頼んでみたら、ミントがほどよく効いていてこれはガブガブ飲めちゃうから危険だなあと思った。テキーラはガブガブ飲むものではない。

このとき私はジェラトーニのカチューシャを付けたまま忘れていて、カウンターで慌てて外していたらマスターが笑いながら「よくそういう人いますよ」と話しかけてくれた。気さくなマスターだった。

2杯目をどうするか悩んでいたところ、どんなのが飲みたいか相談に乗ってくれて、好きなフルーツがパイナップルだと伝えたらメニュー外のものを出してくれた。マスター曰く、「以前ここで働いていたバーテンダーが作っていた、名前が思い出せないカクテル」らしい。なんかエモい。

普通に美味しかったし、パイナップルも甘くて最高だった。おつまみを食べあげてチェックして、部屋に戻って就寝。恋人が次の日仕事だったので、朝は早く出て、恋人の職場近くのマクドナルドで朝ごはんを食べた。パンケーキとハッシュドポテトは一緒に食べるものではないなと思った。

 

まあなんかこんな感じ。歴代彼氏は私がディズニーに行きたいと言っても連れて行ってくれなかったのでなおのこと楽しかった。また行きたいですね。

 

 

たまにはこういうエントリ書いて恋人のご機嫌取りをしておくと無職メンヘラニートは生きやすくなります。それでは、令和もゆっくり歩いていきましょう。

 

 

 

子宮頸がん検診に引っかかった

 

syarlathotep.hatenablog.com

 この記事で言及していた気がするけれど(本当か?)(未確認)、先月より生理痛緩和のために低用量ピルの服用を始めた。お医者さんに生理痛がやばくて~と話しているときに、「最近子宮がん検診ってしました?」と聞かれた。そういえば二十歳になったときに無料の検診はがきが来たとき以来していなかったので、していないと答えたら、ついでにやっておきましょうと言われた。お金が余計にかかるので気は進まなかったが、先生はこっちの意見も大して聞かずに検診をした。

ピルについての説明もおざなりだったうえに会計にクレジットカードが使えたので、よほど儲けているんだろうなあとあんまり良い印象を抱いていなかった。

 

そして昨日、ピルが無くなるから取りに行くついでに検査結果を聞いたところ、引っかかってしまっていた。特に何も無いと思いこんでいた私は鳩が豆鉄砲を食ったような顔になった。炎症のようなものがあるようで、将来的に子宮頸がんになる可能性のものなのか一過性のものなのかはまだわからないとのことで、再検査をすることになった。例の椅子に座って何を挿れられているのか気持ち悪い感じのことをされて、再検査自体はすぐに終わった。先生は次のピルを取りに来るときに検査結果を取りに来てくれと言っていたが、正直自分の子宮に何が起きているのか気が気でなかったので、受付で聞いてみたところ、最低でも検査結果が出るには2週間はかかるらしい。それに加えてGWが挟まるので、やはり1ヶ月後くらいになるのだろう。

 

インターネットで病名(?)を調べてみたところ、複数の婦人科が引っかかったのでいくつか読んでみたら、「多数の人と性交渉をしたり免疫力が落ちていたりだとかで発症する場合が認められる」というような記述が共通して見られて、前者は関係無いので後者なのかなあと思った。体は強い方では無いし、生活だってぐちゃぐちゃだ。

 

 

婦人科の待合室で座っていたときに、レジの前にいる3人家族が会計をしていて、男の子が大きな声を出すものだから父親がコラコラとなだめたり抱っこしたりと色々手を焼いていた。まだおむつが外れていない子ども特有のもっこりとしたズボンによだれかけ、愛想のいい子で受付のお姉さんたちにニコニコと手を振っていた。ぷっくりとしたほっぺたと屈託のない笑顏はこの上なく愛らしくて、このときの私は0.02ミリくらいだけ恋人との子どもが欲しい気持ちが湧いていた。その後に検診に引っかかったと言われたのだから、とんだお笑い草である。やはり、女性の体に生まれてきたのは多少なりともディスアドだったのだろう。

 

別にすでにガンがあることが発覚したわけでもなんでもないけれど、実際のところ将来的にガンになる可能性がゼロでは無いのかもしれないと思うと、とりあえず生命保険かけとかなきゃとか思う。そりゃあ死にたいと願うことはあっても、ガンで死にたくはない。しかし、私の祖父は膵臓がんで亡くなっているので、遺伝子的にはガンになるリスクのある家系なのだと思う。

 

子宮がんになったら子宮を摘出するのだろうか。生理の度に腹を掻っ捌いて子宮を取り出したいと思っているけれど、実際に無くなったら私はどう思うのだろう。そんなこと考えるだけ無駄なのだけれど、一抹の不安が脳をよぎって離れない。気を紛らわせるためにネイルの手入れをしてみたり飲酒してみたりしたものの、全然だめで、メンタルのデトックスってどうするんだっけと思った。最近は不眠がちなので、飲酒をすると眠たくなるのに寝られないという地獄を見ることになる。(お酒と眠剤の同時摂取はやめよう!)

あんまり気にしないようにいきたいけれど、どうにも心に引っかかるので、しばらくは楽しい事とか勉強とかで気が紛れると良いな、と思う。

 

ところで数日前に恋人に家族カードを作ってもらったんですが、診療代+ピル代で5,000円近く切ってしまったのでとても申し訳ない気持ち……。何とも無いと良いなあ。

 

 

砕けたグラス

最近、要所要所で煙草を吸いたくなることが多い。

ストレスとかではなく、なんとなく手持ち無沙汰なときとかに、ああ、煙草吸いたいなと思う。

基本的に喫煙はしていない。よって普段は煙草もライターも持っていない。しかも、煙草というのはそれなりにお高い趣味嗜好であるので、吸わなくて良いなら吸わない方が断然良いのだ。病気になるリスクもあれば歯も変色するし、果ては体臭まで変わってくる。本当に利益がない。

しかし、例えば飲みの席で誰かが吸っていて、少しばかり酔いが回りすぎているときなんかは吸いたくなる。大抵相手にお願いすれば1本はくれるし、1本吸えば満足する。もらいタバコのジーンを思い出す。

 

嗜好品で言えば、紅茶の方がよっぽど好きである。

 

 

https://amzn.to/2UUrDiq

これはここ2年くらい愛飲している、インスタントのミルクティー。今まではお湯で溶かして飲んでいたが、何の気なしにこの商品の話をしていたところ、牛乳で割ると美味しいという情報を得た。なるほど、確かに粉末のコーンスープなども牛乳で作った方がまろやかでコクが出る。盲点だった。ということで次の日早速実行してみたら予想以上に美味しくて、お湯で溶かしたのでは物足りない舌になってしまった。

 

 

今日は土曜日にしては早く目が覚めた。布団に入っていても寒かったので、ゴミ出しをしたあとにキッチンに立ち、ミルクティーを作ることにした。少し前に、スタバで桜のタンブラーを購入していた。

 
 
 
View this post on Instagram

春を忘れたくないからスタバのタンブラー買ったよ🌸🌸ドリンク1杯無料券ももらった!🤗

しゃみさん(@shamdland)がシェアした投稿 -

可愛いし、一回一回グラスにミルクティーを作るというのはいささか面倒だったので、今日のところはこのタンブラーのキャパシティに合わせた量の牛乳をふつふつと弱火で煮ていた。焦げたら困るので弱火で牛乳が温まるのを待っていたら、ふと、煙草を吸いたいなあと思った。キッチンなのでちょうど上に換気扇もあるし、シンクもあるので鎮火も特に問題無い。スマホでもいじっていればよかったのだろうけれど、眠気と寒さでそんな気にはなれなかったし、ただ無性に煙草が吸いたかった。そんなことを考えていたら牛乳が湯気を立て始めたので、タンブラーに注いでたっぷりのホットミルクティーを作ることができた。

 

 

世の中は便利なもので、いつからかiQOSが出たと思っていたら、今ではベイプやプルームテックなど色んな形の電子タバコが出ている。一通り吸ってみたけれど、やっぱり紙タバコが一番美味しいという感想が湧くのは、世の中を逆走しているだろうか。そんなこと無いと思うけどな。

 

 

基本的に私が煙草を吸うのは恋人が嫌がるからだったけれど、今はただ「吸いたい」という自分の感情が芽生えている。この感情を育てたのはどの葉っぱなのだろうか。

いずれにしても、私はもう二度とLARKの白だけは吸わないことはわかる。

 

 

 

現実はもうこりごりだよ~(ゆるやかに消失)

昨日早速だけれども就活の一環として面接に行ってきた。ら、圧迫面接をされた。

去年新卒で就活していたときは10社も受けてなかったと思うけれど、その中でも試されるようなことを一言二言言われたことはあれ、あそこまであからさまに圧迫面接されたのは初めてで驚いた。そこで帰ればよかったのだが、キレて言い返しまくって、最後まで面接に居座ってしまい、私の数百円の履歴書と職務経歴書はろくに見てももらえないままに回収されていった。思えば最初から職務経歴書をろくに見ずにこれまでの職務経歴を口頭ですべて言わせたり(軽く見る素振りくらいしろ)、お金に関わる話まで突っ込まれたけれど、どうして私のプライベートに触れるような話までしないといけなかったのかよくわからない。

最後に嫌味だけを口にして帰って、煮えたぎる腸をどう調理すべきか来た道を戻って辺鄙な階段を降りたら、降りた先にロッチのコカドさんがいた。どうやらローカル番組のロケっぽく、顔だけではなくスタッフが持っていたプレートにも「コカド」と書いていたので間違いないと思う。私はロッチのコカドさんが大好きなので、驚きと嬉しさが溢れた。番組の収録じゃなければサインとかほしかった。いや、プライベートで声をかけるのはなんだか気が引けるけども……。

そんなことを考えながら帰宅していたけれど、結局圧迫面接をされた怒りは収まらずに、コンビニによってストロング系の酒を買おうと列に並んでいたら涙が滲んできた。こらえた。お会計をして、ファミリーマートのキャンペーンのくじ(うたの☆プリンスさまっ♪です)のハズレくじを狙ったら、なんとビールっぽいものが2本当たった。

物欲センサーが働いたっぽい。店員のお姉さんが気を利かせてくれて、同じもの2本なので別のものと交換しましょうか?と言ってくれたけれど、キリンだし多分同居人が飲むでしょ(雑な認識)と思ってもらってきた。なんだか笑えた。ところで、ファミリーマートで500円以上買い物したら引けるくじのハズレくじ本体とレシートの写真(全体)譲ってくれる方がいればDMください……。

 

 

ということで、一緒に買ったおつまみを食べながら愚痴って呑んだくれた。そして深夜に戻した。いつものやけ酒パターンである。

自分の中にあるのは怒りだけだと思っていたら、目覚めて以来どうにも調子が悪くて、お店の店員さんの目も怖いので、どうも人間怖いモードに入ってしまったらしい。登録していたサイトも退会した。こう、やはり身の丈に合わないことは出来ないものだなあなんて思って、これからのキャリアについて考えるのがまた苦しくなった。まずはアルバイトからでも始めようか。

 

 

ともかく、圧迫面接はケアされた方が良いです。ちなみに私は悔しかったので、逆お祈りメールを送りました。「もしも内定もらったとしてもお前と働きたくないから辞退します」みたいな内容に皮肉を添えて。(日替わり定食みたいな響き)

 

人間、怖い。どこかいい感じにまた大学でも入れないかなあ……。